或る列車(予約困難豪華スイーツ列車)成澤由浩がレシピ監修のスイーツコース

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2015年10月9日、日本テレビ系列『沸騰ワード10』では「新垣結衣も沸騰!秋の旅行&アート業界で今何が!?」と題して日本一予約困難といわれている豪華スイーツ列車の全貌が紹介されました。

豪華なのは列車だけでなく、世界で最も注目されているレストラン「NARISAWA」のオーナーシェフ・成澤由浩さんがレシピ監修の料理を楽しむこと出来るようです。それでは当たり障りなく紹介してみたいと思います。

豪華スイーツ列車コンセプトとは?

或る列車

出典:https://twitter.com/

明治39年(1906年)、当時の九州鉄道がアメリカのブリル社に豪華客車を発注したものの、九州鉄道が国有化されたため、活躍する機会のなかった”九州鉄道ブリル客車(通称”或る列車)というものが当時の日本で最も豪華な設備を備えていた“幻”の豪華客車だったそうです。

鉄道をこよなく愛し、世界的な鉄道模型の神様といわれ、横浜市の「原鉄道模型博物館」を開設された故・原信太郎さんが作成した幻の客車「或る列車」を元に豪華寝台列車「ななつ星」などで知られる工業デザイナー・水戸岡鋭治さんがデザイン・設計、「原鉄道模型博物館」副館長を務める原健人さん監修で2015年夏、九州に蘇りました。

クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」に次ぐラグジュアリーな空間の中、自然環境をテーマにした料理をつくり続けるシェフ、成澤由浩さんがプロデュースするスイーツのコースをいただける至福のD&S列車※1だそうです。

※1D&S列車とは、旅のイメージを膨らませるようなブランド名として、「D」は特別な「デザイン(Design)」、「S」は運行する地域に基づく「ストーリー(Story)」、「デザインと物語のある列車」を意味しています

キーワードの「ARU」とは?

A(Amazing)・・・「素晴らしい」九州の魅力を広く紹介
R(Royal)・・・・「豪華な」デザイン、「素晴らしい」スイーツコース
U(Univeral)・・ 「世界中の」「皆さま」に愛される列車を目指して

「或る列車」の「或る」の英表記「ARU」に込めたキーワードだそうです。

車両の概要

気動車の2両編成(定員は 38 名)

車輌はキハ47形を改造した2輌編成で、1号車がキロシ47-9176(元キハ47 176)、2号車がキロシ47-3505(元キハ47 1505)となり、形式記号に「キロシ」が初めて登場しました。

テーブル席と2名用の個室を用意し、厨房とサービスカウンターを設置。1号車は、ロマンチックな色・クラシカルな形・素材は明るく優しいメープル材を使い、2号車は落ちついた色とウォールナットの組子に囲まれた個性的なコンパートメント(個室)になっています。

制作費は約6億円だそうです。

スイーツコースとは一体どんなもの?「NARISAWA」オーナーシェフ・・成澤由浩さんとはいたいどんな人?続きは次へ

スイーツコースについて

東京南青山の「NARISAWA」オーナーシェフ・成澤由浩さん監修の下、レシピを作成。パンやスープ等の軽い食事から始まり、スイーツを 3 品、最後にミニャルディーズ(焼き菓子)をお楽しめるそうです。
※スイーツコース料理は季節によって変更されます
※アレルギーへの対応はいたしかねます

【簡易版】成澤由浩のプロフィール

成澤由浩

出典:プロフィール | NARISAWA

名前:成澤由浩(なりさわ よしひろ)
生年月日:1969年4月11日
出身地:愛知県常滑市
職業:料理家
備考:東京・南青山「NARISAWA」のオーナーシェフ。

【表彰歴】

2010年

マドリットフュージョンにおいて「世界で最も影響力のあるシェフ」に選ばれる
※マドリットフュージョンとは、スペインで開催される世界的権威のある料理学会

2013年

GOOD DESIGN AWARD 100受賞
辻静雄生誕80周年記念 第4回辻静雄食文化賞 専門技術者賞受賞
The Sustainable Restaurant Award 世界No.1(世界最高得点)
※イギリスのSRA持続可能なレストラ審査帰化機関
2015年

The World’s 50 Best Restaurants 8位 Best of Asia
The Asia’s 50 Best Restaurants Best of Japan
※世界のベストレストラン50及び、アジア部門はともにイギリスレストランマガジン社が主催する。現在、世界で最も注目されているレストランアワード

19歳からの8年間をヨーロッパ(フランス・スイス・イタリア)の著名なシェフのもとで過ごし、帰国と同時にオーナーシェフとして神奈川県小田原市に「La Napoule(ラ ナプール)」をオープンさせ東京から多くの著名人や美食家たちを引き寄せた港の前の小さなレストランは、今だ、伝説のごとく語り継がれているそうです。

2003年には、店名を「Les Créations de NARISAWA(レ クレアシヨン ド ナリサワ)」と改め、東京・南青山に移転。2011年、店名を「NARISAWA」に改名して現在に至ります。

「食べ手には、自然の力を存分に吸収してほしい。物質ではなく生命を頂いているのだということを忘れぬように」が成澤由浩さんの料理スタイルで、「サスティナビリティーとガストロノミーの融合」というテーマで世界でもいち早く、自然保護に関わる料理を発表しています。
※“成澤”個人の料理「 Innovative SATOYAMA Cuisine 」というスタイルで世界に発信されています

「森とともに生きる」をテーマに、ダイレクトに土や木を“食す”ことで、人々により自然を意識させようとした料理の数々は、料理人と言う立場で自然を理解し、料理を通して環境問題を訴え続けるNARISAWA の代名詞になっています。

Best Chefs in the World: Yoshihiro Narisawa | Fine Dining Lovers by S.Pellegrino & Acqua Panna 

利用金額・乗車時間について

基本プラン料金:お一人様 20,000 円~(二人席をお二人でご利用の場合)
※基本プランは「大分駅→日田駅」「佐世保→長崎駅」など運行区間の片道JR、スイーツコース、ドリンク代等含む

乗車時間は約2時間半です。

JR九州 豪華スイーツ列車 運賃込み2万円のスイーツとは 「或る列車」

JR九州 超豪華な「或る列車」運行開始 JR Kyusyu「ARU RESSYA」

 鉄道ファンの間で伝説化していた車両のようです。予約が困難というのも頷けますね。予約が最新情報、問い合わせ先は下記で確認してみてください。(2018年8月時点)

 

JR九州 或る列車ツアーデスク Tel.092-289-1537
営業時間:9:30~16:00
(水曜日休業)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています