2018年7月14日、日本テレビ系列『マツコ会議』では、同年1月27日に放送された入会金50万円というセレブが通う南麻布の高級パーソナルジム「ジャングルジム」のオーナー・吉江一彦さんと中継現場にいた当時106kgの二瓶朱美APの現在が公開です。

 

オーナー・吉江一彦さんからリクエストされた「5ヵ月で25kg落とせます」の一言からマツコ・デラックスさんから「人間ってこんなに生まれ変われるのね!」と大興奮させた下半身の筋肉を徹底的に鍛えた二瓶朱美APの姿と吉江一彦さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

カリスマトレーナー兼オーナー・吉江一彦が経営する「ジャングルジム」とは

芸能人では高橋克典さんやアンジャッシュ・渡部建さんも通っているカリスマトレーナー兼オーナー・吉江一彦さんが経営している「ジャングルジム」は、セレブ達からも評判が高いそうです。

 

WIKIPEDIAより詳しい?吉江一彦のプロフィールと経歴・学歴

WIKIPEDIAより詳しい?吉江一彦のプロフィールと経歴・学歴 

出典:https://real.tsite.jp/

名前
(読み方)
 吉江 一彦
(よしえ かずひこ)
生年月日  1967年
出身地  東京都北区
血液型  O型
身長  
体重  
出身高校  
出身大学  
職業  株式会社楽ちんグループ
 代表取締役会長 兼 CEO
SNS・ブログ
ホームページ  https://junglegym.tokyo/
Facebook
 https://www.facebook.com/
kazuhiko.yoshie.3
Twitter
ツイッター
 
ブログ  
Instagram
インスタグラム
 

 

吉江一彦さんが出演したテレビ番組

マツコ会議
DHC綺麗を磨く!エクストリームBeauty
アメトーーーク
報道ステーション

雑誌

美ST(美スト)
美的
HERS(ハーズ)
Seventeen(セブンティーン)
GOETHE(ゲーテ)
LEON(レオン)

著書

『くびれる1日10回スクワット』世界文化社
『エグゼクティブが身体を鍛える本当のワケ』
『美人の体温36・5°C: 身体と思考は体温で変えられる』

 

3歳でアイスホッケーを始めて少年チームに入団した吉江一彦さんは、中学、高校と順調にキャリアを積んで高校時代には国体東京代表に選抜されるほどの実力から高校卒業後は、アイスホッケーの本場カナダへと留学。

カナダへ留学してから科学的なトレーニングのあり方を目の当たりにした吉江一彦さんは、帰国後はアイスホッケー選手の目標から1980年代後半にフィットネスブームでトレーナーは職業として注目を集めていたことからトレーナーの道を目指し始める。

大手スポーツクラブ「エグザス」のトレーナーとして4年後、トレーナーとして頭角を現してジムのマネージャーへと抜擢されて企業オーナーや芸能人が会員に名を連ねるエグゼクティブ向けの高級ジムでジム経営のノウハウを学びました。

順調にキャリアを積んでいた吉江一彦さんでしたが、次第に高額のジムに入会している人たちがほとんど活用していない人が多く、日本のジムのあり方そのものに疑問を感じ始めました。

やがて根本的な問題に行き当たった吉江一彦さんは

  • そもそも運動が苦手
  • 医師に体を動かせと言われたからジムに入っただけ
  • エアロビクスやヨガは複雑過ぎる
  • トレーニングマシンが上手く使いこなせない
  • 人前で何も知らない状態で運動するのがかっこ悪く思ってしまう

など、切実に運動を必要としている人たちもいることから「お客様一人ひとりに本当にぴったりと合ったトレーニング法を開発して楽しく長く続けられる運動を広めたい」と考えるようになりました。

日本で初めて、お客様の自宅へ行ってマンツーマンのエクササイズを行うという画期的な運動をコンセプトにパーソナルトレーニングで2001年に(株)楽ちんグループ を設立。

2018年8月5日、愛されMakeの第一人者として小顔になれるメイクアップで数多くの著名人のヘアメイクを手掛けて美の魔法使い呼ばれているTAKAKOさんと「癒しフェア2018年 in TOKYO」に出演。

(2018年8月時点)