TBS系列『消えた天才』では「世界の大谷翔平に勝った同世代の天才たちは今」と題して、2009年の中学3年生にリトルシニア全国選抜野球大会で大谷翔平さんを完封して142km/hを投げていた中学日本No.1投手だった横塚博亮さんの現在が特集されます。

 

U-15(AA)世界野球選手権の日本代表として藤浪晋太郎さんと共に投手として出場後は、高校では大谷翔平さんの注目される姿に強すぎたライバル心でベネット損傷でプロ野球を断念しまうも後悔していないと明かした横塚博亮さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

中学日本No.1投手だった横塚博亮はU-15(AA)世界野球選手権の日本代表でエースだった