関西テレビ制作・フジテレビ系列『セブンルール』では、短大卒業後に就職した飲食業界の同僚と結婚して長男・辰朗くんを出産後に離婚し、大手ラーメングループ「せたが屋」に入社して上司と再婚を経て退職したことを機に2019年2月、つけ麺とクレープを同じ場所にオープンさせた矢野尚美さんが出演します。

 

東京・新宿御苑にあるつけ麺専門店「小麦と肉 桃の木」の営業時間が終わった1時間後にはクレープ店「たつろうカフェ」へと姿を変え、店舗の定休日にはキッチンカーでのクレープの移動販売を続けている矢野尚美さんの経歴,セブンルール,Wikipedia風プロフなど当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

人気ラーメン店から独立 異色の営業スタイル つけ麺とクレープの店 店主・矢野尚美 7つのルール

人気ラーメン店から独立 異色の営業スタイル つけ麺とクレープの店 店主・矢野尚美のセブンルール① 客全員をインスタグラマーだと思う

人気ラーメン店から独立 異色の営業スタイル つけ麺とクレープの店 店主・矢野尚美のセブンルール② 週7日働く

人気ラーメン店から独立 異色の営業スタイル つけ麺とクレープの店 店主・矢野尚美のセブンルール③ 夕飯はできたてを出す

人気ラーメン店から独立 異色の営業スタイル つけ麺とクレープの店 店主・矢野尚美のセブンルール④ 移動はいつもまんぷクレップ号

人気ラーメン店から独立 異色の営業スタイル つけ麺とクレープの店 店主・矢野尚美のセブンルール⑤ 場所によってメニューのレイアウトを変える

人気ラーメン店から独立 異色の営業スタイル つけ麺とクレープの店 店主・矢野尚美のセブンルール⑥ 色彩と盛り付けは女性らしく

人気ラーメン店から独立 異色の営業スタイル つけ麺とクレープの店 店主・矢野尚美のセブンルール⑦ やりたいことは全部100%でやる