山中竜也のおにぎり竜の評判,現在父親やボクシング引退理由は

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TBS系列『爆報!THE フライデー』では「あることがきっかけで強制引退!ボクシング元世界チャンピオン」と題して、頭の形や顔の感じで周りにおにぎりと言われていたことから”おにぎりマン”ことボクシングの元WBO世界ミニマム級王者の山中竜也さんの現在が特集されます。

2018年7月13日に2度目の防衛でビック・サルダールと対戦するも判定負け、検査で硬膜下血腫が認められた事でライセンスが自動的に失効して現役を引退後は、家賃6万3000円の間取り1Kに住みながら大阪・北新地でおにぎり専門店「おにぎり竜」で㊙サービスで人気を博している山中竜也さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

城田優からガチダメ出しされた山中竜也の「おにぎり竜」の味は?

まとめ:Wikipediaより詳しい?山中竜也のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:

名前
(読み方)
 山中 竜也
(やまなか りゅうや)
生年月日  1995年4月11日
出身地  大阪府南河内郡美原町
(現在の堺市美原区)
血液型  
身長  162.5cm
体重  
出身中学校  堺市立美原西中学校
出身大学  
職業  
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 
Twitter
ツイッター
 
ブログ  
Instagram
インスタグラム
 

山中竜也の獲得タイトル

  • 第19代OPBF東洋太平洋ミニマム級王座(防衛0 = 返上)
  • WBO世界ミニマム級王座(防衛1 = 陥落)

母親・理恵さんと父親が離婚した直後に山中竜也さんは、堺市立八上(やかみ)小4年でボクシングを始め、堺市立美原西中学校入学直後には母親・理恵さんに「高校に行かんでええかな」と言って中学2年生の時に真正ジム入門。

山中竜也さんは、6人兄弟の長男でいつも女手一つで育てている母、弟、妹を気に掛け、中学校卒業後は神戸市内で自活しながら時給850円のカツ丼店で稼いだ生活費は、母の日や誕生日前に日傘や服に変わったそうです。

山中竜也さんは、高校には進学せずに2012年6月22日、小柳一樹(倉敷守安)とフライ級4回戦を行い、判定勝ちを収めてプロボクサーデビューとを白星で飾りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています