山本隆史(ラーメン政宗)サハ共和国に来た複雑な事情やマグロ解体ショーをする理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テレビ東京系列『世界ナゼそこに?日本人 ~知られざる波瀾万丈伝~』の「世界で頑張る日本人職人SP」では、2018年1月30日に世界最低気温(-71.2℃)としてギネスにも認定されている世界一寒い町「オイミャコン」があるサハ共和国の首都ヤクーツクに麺屋政宗の山本隆史さんが特集されます。

日本人が経営する飲食店が初でもあったことで国を挙げてのウエルカムムードで日本とロシアの懸け橋になればと大盛況と思いきやすぐ隣にある日本食レストラン「祭」に多くの客が奪われ、踏んだり蹴ったりの一人で暮らすワケあり47歳男性の人生ドラマについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

山本隆史がサハ共和国にきた理由は騙されたから?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています