2018年3月20日、関西テレビ制作・フジテレビ系列『7RULES(セブンルール)』では、ニューヨーク、パリに続き世界で5店舗目となるリーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒さんが出演です。

山本美緒(リーバイスマスターテーラー)のセブンルールとWiki(経歴)や旦那の職業は

出典:https://www.fashionsnap.com/

モデルの太田莉菜さんが常連で渡辺直美さん、シシド・カフカさんなど有名人からも依頼される山本美緒さんのイメージを最大限に汲み取り実現するカスタマイズ技術や共働きの旦那・康孝さんとの生活、セブンルールについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

リーバイ・ストラウスは、ジーンズを初めて作ったといわれ、1873年に創業して140年以上の歴史と110カ国以上で約50,000店舗を展開して世界で最も売れているジーンズブランド。

マスターテーラー・山本美緒さんにANARCHY、OKAMOTO’Sのオカモトレイジさんとハマ・オカモトさん、Suchmos(サチモス)からも依頼されています。

モデルの太田莉菜さんからは、一緒に相談して提案もしてくれることから絶大な信頼をおいていると番組内で語られていました。

 

リーバイスストアアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒がいる場所は?

リーバイスストアアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒がいる場所は?

出典:https://www.mens-ex.jp/

【店舗情報】

店名:リーバイス® ストア 新宿店

住所:東京都新宿区新宿 3-29-12
電話:03-5363-4501
営業時間:平日 11:00~21:00、土日祝 10:00~21:00
定休日:不定休
アクセス:JR新宿駅 東口より徒歩3分

「リーバイス® ストア 新宿店」は、2012年9月28日にオープンしました。地下1階から地上3階までの計4層フロアで構成されており、日本で唯一の店舗。

そして、「リーバイス® ストア 新宿店」のオープン1周年を記念して国内唯一の「Levi’s® TAILOR SHOP(リーバイス® テーラー ショップ)」のサービスを新たに大幅に7種類のカスタマイズメニューを追加して拡充している。

2017年10月7日から大阪・心斎橋に関西エリア初の旗艦店「リーバイス ストア 大阪店」が新宿店に次ぐ2店舗目としてオープンしています。

 

「Levi’s® TAILOR SHOP(リーバイス® テーラー ショップ)」のメニューと価格は?

ボトムス・トップス共通のカスタマイズメニュー

気になるのがジーンズのカスタマイズした時の価格とカスタマイズメニューではないでしょうか?

既成のリーバイス製品を自由にカスタマイズでき、サイズ調整やダメージ加工など、10種類以上のメニューから選択可能です。

本体価格+カスタマイズ価格の合わせた金額

という料金体系ですが、気になるカスタマイズメニューと価格は・・・

2013年9月27日に報道関係者各位に発表されていた税込み価格(当時5%)を税抜き価格で記載したものです。

必ずしも価格が合っていると断言が出来ない為、あくまでも目安程度でご覧下さい。

ボトムスのカスタマイズメニュー

裾上げの価格

  • 通常裾上げ 無料
  • オリジナル ヘム 裾加工残し 1,452円
  • ターン アップ ヘム ダブル仕上げ 1,000円
  • アングルド ボトム モーニングカット 1,000円

ランドリーの価格

  • オーガニック洗剤を用いたランドリーサービス 500円

シルエット修正の価格
センタークリース(ステッチ)

  • 膝下入れ 前のみ 3,000円
  • 膝下入れ前後両方 5,000円
  • 股下入れ 前のみ 4,000円
  • 股下入れ 前後両方 6,000円
  • スチームのみ 前後両方 500円

テーパードの価格

  • ハーフ(膝下) 5㎝以内 3,500円
  • フル(ワタリ) 5㎝以内 5,000円
  • 特殊 5㎝以上 要相談

サイズ修正の価格

  • ウエスト 詰め 5㎝以内 3,000円
  • 出し(脇に三角布) 10㎝以内 5,000円

クラッシュ加工の価格

  • クラッシュ 1箇所 10㎝×10㎝以内 1,452円
  • 10㎝×10㎝以上 3,000円

 

トップスのカスタマイズメニュー

シルエット修正の価格

  • 袖丈 詰め カットのみ 2,000円
  • 袖丈 詰め 剣ボロ移動あり 4,000円
  • 袖幅 詰め 5㎝以内 3,000円
  • 身幅 詰め 5㎝以内 3,000円
  • 着丈 詰め 5㎝以内 3,000円

 

ボトムス・トップス共通のカスタマイズメニュー

ポケット変更の価格

  • オリジナルポケット 片箇所 デニム地 1,500円
  • オリジナルポケット 両箇所 デニム地 3,000円

オリジナルワッペンの価格

  • エンブレム オリジナルワッペンによるカスタマイズ 1,000円~

手刺繍入れの価格

  • 手刺繍 1箇所 10㎝×10㎝以内 3,000円
  • 手刺繍 1箇所 10㎝×10㎝以上 10,000円~

 

 

WIKIPEDIAより詳しい?山本美緒のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:

名前  山本 美緒(やまもと みお)
生年月日  1984年
出身地  石川県
血液型  
身長  
体重  
出身高校  
出身大学  
職業  
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 
Twitter
ツイッター
 
ブログ  
Instagram
インスタグラム
 

WIKIPEDIAより詳しい山本美緒のプロフィールと経歴・学歴 WIKIPEDIAより詳しい山本美緒のプロフィールと経歴・学歴1

幼い頃から祖母によく洋服をつくってもらい、真似を始めてから縫物が好きになった山本美緒さんは、18歳の時に上京して服飾の専門学校に入学しましたが、周りの技術についていけずクラスで落ちこぼれになってしまい挫折を味わいました。

WIKIPEDIAより詳しい山本美緒のプロフィールと経歴・学歴3 

夢を叶えるための「楽しい」イメージしかなかった山本美緒さんは、まさか挫折をするなんて思っていなかったそうです。服飾の専門学校を卒業後するも就職活動に失敗して縫製以外の仕事を転々としましたが、うまくいきませんでした。

WIKIPEDIAより詳しい山本美緒のプロフィールと経歴・学歴4 WIKIPEDIAより詳しい山本美緒のプロフィールと経歴・学歴5

縫う仕事の夢を諦められなかった山本美緒さんは、26歳の時にフリーターになって古着リメイクのアルバイトでひたすら腕を磨き続けていると28歳の時に転機が訪れました。

磨いた技術の高さがリーバイス社に勤める知人の目にとまり、試験を受けることになりました。そして、見事合格して日本初となるマスターテーラーの座を射止めました。

山本美緒さんは、挫折があった事が本当に生きていると思っており、挫折しまくって本当に良かったと当時を関西テレビ制作・フジテレビ系列『7RULES(セブンルール)』で振り返っていました。

(2018年3月時点)

 

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルールとは?

番組内では、雑誌で山本美緒さんを知った男性がジーパンのカスタマイズの打ち合わせから制作までの行程から山本美緒さんの世界で1着の服を作るこだわりが見えたような気がしました。

カスタマイズオーダーの流れは

  • 予約
  • 店頭にて打ち合わせ
  • 作業
  • (約1ヶ月後)お渡し

の4つの行程です。

 

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール①根掘り葉掘り聞かない

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール①根掘り葉掘り聞かない

要望をヒアリングしてカスタマイズ内容をオーダーシートに書き込みながら山本美緒さんと男性は1時間ほど打ち合わせをした結果・・・

  • ポケット ダメージ加工 1カ所 1,000円~
  • 膝下 ペンキ 1カ所 1,000円~
  • 足下の手刺繍(誕生花:シオン)1つ 3,000円~
    ※金額は涼や範囲によって変動

の上記3点に決まりました。

接客の際、お客さんの人柄や職業を知ることで、より最適なカスタマイズの提案ができるそうです。

しかし、山本美緒さんは

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール①根掘り葉掘り聞かない2

「お客さんの中にもあんまり そこまで自分の(プライベートな)こと知られたくない方もいると思うので根掘り葉掘り いろりろ聞かないようには心がけています」

と語られていました。

だからこそ、山本美緒さんは、接客をする上で強く意識していることがありました。

お客さんが履いてきたパンツの裾の長さを測っていた時に山本美緒さんは

「今の方だと 履いている時にパンツの折り返してる裾に髪の毛が入ってたりとかするので そういう方だと『美容師さんかな』という予想がつくので 仕事でも使えるように動きやすい服を提案するようにしてます」

と番組スタッフに話していました。

どんな些細な情報も見逃さずにお客さんお実像をむことで山本美緒さんの理想の服作りに繋がっていると感じました。

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール①根掘り葉掘り聞かない1

そして、番組スタッフが男性のお客さんに職業を聞くと「美容師」でした。

店頭で予約を受けたポケットのダメージ加工に取りかかっていた山本美緒さん 店頭で予約を受けたポケットのダメージ加工に取りかかっていた山本美緒さん1

店頭で予約を受けたポケットのダメージ加工に取りかかっていた山本美緒さんは、独学で生み出したダメージ加工の手法で手作業ならではの細かな加工が可能だそうです。

 

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール②ミシンをリスペクトする

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール②ミシンをリスペクトする3

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール②ミシンをリスペクトする リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール②ミシンをリスペクトする1

どんな作業にも対応が出来るように工房には機能の異なるミシンを5台完備しており、職場の先輩としてミシンをリスペクトしている山本美緒さんは、ミシンの動きが悪くなると「お願いします」とミシンを応援するそうです。

 

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール③2つのことは同時にしない

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール③2つのことは同時にしない

大阪・心斎橋に関西エリア初の旗艦店「リーバイス ストア 大阪店」が2017年10月7日にオープンでは、東京から駆けつけた山本美緒さんに多くのお客さんが集まり、年々依頼が増加しているそうです。

山本美緒さんは、「絶対にカスタマイズした方がいいですよ」とは本当に思ってはいないそうです。

1時間くらい話をして「(いろいろ考えた結果)やっぱり、やめます」とか言われるのも「別に何もしなくて良くないと行き着くところもいいですよね」と番組スタッフに答えていました。

番組スタッフの質問に答えている時に山本美緒さんは、簡単な裾直しを何度もミスした事から話しながら作業をすることができない不器用さが発覚しました。

実際に山本美緒さんは「私の場合はたぶん2つの事を同時にすると、すごく片方に偏っちゃうので、、全てを自分の中で最高に持っていくには1つずつなのかなっていうy認識はありますね」と明かしていました。

職場の後輩の田さんからも「(山本美緒さんは)天然ですね、本人は言うとちょっと怒るんで」と言っていましたが、山本美緒さんと番組スタッフ会話から天然の可能性が非常に高いことが分かります。

山本美緒さん「携帯持っててゴミ箱にゴミ捨てようとしたら携帯捨てたりとかなりません?」

番組スタッフ「全然なりませんね」

山本美緒さん「じゃあ、あれですね。多分右脳と左脳がちゃんとしてるんですね」

 

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール④どんなに遅くても夫婦揃って夕飯を食べる

どんなに遅くても夫婦揃って夕飯を食べる

山本美緒さんの作業が終わって帰宅した時間は22時30分でした。

山本美緒さんと番組スタッフを出迎えたのは2015年に結婚した旦那・康孝さんでした。帰ってすぐに山本美緒さんは、「夜ご飯はちゃんと食べる」と決めていることから台所に向かいました。

調理の準備をしていると冷蔵庫に「ブロッコリー・かぼちゃ・里芋」という紙が貼られていました。

どんなに遅くても夫婦揃って夕飯を食べる3

旦那・康孝さんから「旬の野菜とかをなるべく食べるようにするため」に強化月間として紙を貼っているそうです。山本美緒さんが、旬の野菜が何かわからないからという理由からだそうです。

どんなに遅くても夫婦揃って夕飯を食べる旦那・康孝さん

どうして旦那・康孝さんが詳しいかというと、旦那・康孝さんの職業は自営業で青果店を経営してからでした。

自宅の野菜は旦那・康孝さんが、厳選しているそうです。

どんなに遅くても夫婦揃って夕飯を食べる2 どんなに遅くても夫婦揃って夕飯を食べる1

調理の分担は、メインディッシュを山本美緒さんが行い、野菜料理は旦那・康孝さんが調理していました。夜ご飯が並んだのは23時半でしたが、2人とも仕事が忙しく、会話ができる時間夜になる為にどんなに遅くても夫婦揃って夕飯を食べるようにしているそうです。

 

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール⑤休日はデニムを着ない

休日はデニムを着ない

休日にホームセンター「ジョイフル本田 瑞穂店」を訪れた山本美緒さんは、工具が大好きでディズニーランド的な感じで楽しそうに満喫していました。

休日はデニムを着ない1 休日はデニムを着ない2

仕事中はデニム姿の山本美緒さんでしたが、休日はデニム姿ではなかった事に気付いた番組スタッフが質問すると「どうしてもデニムばっかり履いちゃうので、お休みの日には履かないようにしています」と答えていました。

仕事中は、デニム生地に囲まれている事やお客様でも履いていない方とかもいるので、そういう感覚を思い出したりとかは大事かなという思いもあるそうです。

余談ですが、山本美緒さんの実家にあるドアノブの名前は「古代キャッスルジュニア」というそうです。

 

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール⑥納得いく糸でしか縫わない

⑥納得いく糸でしか縫わない

常連のモデル・太田莉菜さんが来店して入念な打ち合わせはデニムジャケットのサイズ調整と刺繍を依頼するまでに1時間半も経過してました。

山本美緒さんが、最も時間をかけるポイントに「刺繍に使う糸選び」がありました。目で見た時に見える色と洋服を縫った時に見える糸に結構 差が出るからだそうです。

デニムには色落ちするものなど様々な種類があるため、そのデニムに合った糸を見つけるのが難しいため、工房には糸の色の種類は300以上も用意されています。

山本美緒さんは、裾上げの色までこだわって納得いく糸でしか縫わない程の徹底ぶりでした。

 

リーバイス® ストア新宿店のテーラーショップでカスタム部門を担うアジア唯一の女性マスターテーラー・山本美緒のセブンルール⑦針と糸と棺桶に

マスターテーラー・山本美緒のセブンルール⑦針と糸と棺桶に2

番組スタッフに密着された1ヶ月前に美容師の男性の依頼のデニムジーンズの仕上げ「手刺繍」は、時間がかかることからカスタマイズメニューには当初はありませんでした。

カスタマイズメニューに追加されたのは山本美緒さんが

「本当は効率的にこなせるメニューがある方が作業面を考えるといいとは思うそうですが、ちょっとしたワンポイントがあることで世界に1つと感じられるポイントにもなるんじゃないか」

と、上層部と掛け合って実現したメニューでした。

山本美緒さんの「世界に1つ」という彼女の思いが詰まった服が完成し、美容師の男性は大変喜んでいました。

番組の最後に山本美緒さんは

「何も考えず もし縫うとしたら永遠にやってられるんですよ 誰にも止められなかったら。もう針と糸は死ぬ寸前まで持ってたいなとか思いますね。一緒に(棺桶の中に)入れて欲しいです」

マスターテーラー・山本美緒のセブンルール⑦針と糸と棺桶に3

「私、名前にも「糸」って入ってるんで勝手に使命感を感じているんですよ。それちょっと繋がってるのかとかそういうの考えたりします」

と、山本美緒さんの人柄が垣間見えた気がしました。

最後に番組スタッフのデニムジャケットには山本美緒さんの手刺繍をご覧下さい。

マスターテーラー・山本美緒のセブンルール⑦針と糸と棺桶に1 マスターテーラー・山本美緒のセブンルール⑦針と糸と棺桶に