2018年8月13日、日本テレビ系列『人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007 合体SP』では「才色兼備な女性は本当に幸せなのか?SP」と題してクイズ番組で並みいる超エリートらを頭脳で圧倒する東大法学部首席で卒業して現在は美人弁護士の山口真由さんが密着されます。

 

東京大学法学部を首席で卒業後、財務官僚、弁護士を経て2016年8月までハーバード大学ロースクール(法科大学院)に留学と華やかな経歴を持つ山口真由さんの結婚観や勉強法や家族法について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

山口真由さんの両親は医師で、1歳年下で医師をしている妹と同居生活をしている明るい性格でスレンダー美人ながらもなかなか結婚できないと悩んでいる山口真由さんの勉強法とは一体どんな方法なのでしょうか?

調べてみると驚くような内容でした。

 

東大首席卒&ハーバート大卒の天才美女弁護士・山口真由の勉強法とは?Part1

週刊現代(2011年9月24日・10月1日号)のインタビューにおいて山口真由さん自身が勉強法を明かしています。

教科書や副読本などは7回読みます。7回読めば、だいたい覚えられるものです。ことさら暗記しようとせずに、7回読めば、最後は本を見なくても思考をたどれるようになります。 ただし、司法試験の勉強では40回は読みました。勉強というより精神修養ですね。一日に19時間半勉強しましたから。睡眠は3時間。食事は一回20分が3回で、入浴が30分。洗面器に水を張っておいて、眠くなると足を入れて眠気を吹き飛ばすんです。 幻聴を経験したのもそのころでした。努力では誰にも負けません
https://studynews.jp/から引用

 

山口真由さんの勉強法をまとめると・・・

  • 1日の勉強時間:19時間半
  • 睡眠時間:3時間
  • 食事時間:1回20分が3回
  • 入浴:30分
  • 洗面器に水を張って足を入れて眠気を吹き飛ばす

努力の才能があるということなのでしょうか・・・。この勉強法は、自分の限界まで追い込むようなレベルで、簡単には真似はできない芸当かと思います。

山口真由さんが、勉強へのこだわりを持つようになったのは幼少期に母親の愛情が自分ではなく妹に向かっているのではないかという疑念があったからだそうです。

自分自身の価値を客観的に証明できれば、誰かが必ず私のことを気遣ってくれるはずという思いから一心に勉強へと埋没するようになり、大学受験では予備校にも通わず自宅で1日平均14時間は勉強していました。

自分自身の価値を客観的に証明できれば、誰かが必ず私のことを気遣ってくれるはずという思いから一心に勉強へと埋没するようになった事や執着心から東大法学部首席を獲得できたそうです。

東大法学部首席を獲得した顛末についてはPages2をご覧下さい。

 

勉強をパターン化・習慣化する(中学生時代)

実は、山口真由さんも長時間集中できないので良い勉強法ではないと言っているのですが、自分は天才ではなかったので頑張るしかなかったと言っています。

山口真由さんは、何でもワンパターンにして習慣化する癖があるそうです。

両親も妹も家族全員が、ワンパターンの生活習慣を好むタイプでパターンが崩れると精神的にイラッとしたり、体調が崩れることもあるそうですよ。

子供の頃は、朝の光を感じたら机を見る癖をつけてベッドと机の距離をとにかく縮め、起床すると窓のカーテンを開けて太陽の光を浴びて視線を机に移し、椅子に座って母親に「朝ご飯よ」と呼ばれるまで何の本でもいいから読むというワンパターンを中学卒業まで繰り返したそうです。

 

勉強をパターン化・習慣化する(高校時代~東大法学部3年生頃)

集中力を高めたり、維持するのは容易ではないものですが、山口真由さんが実践していた勉強法に「脳が受け入れるタイミングが来るまでリセットを繰り返す」という方法があります。

例えば、数学で行き詰まったら分かるまで考えるのではなく、英語を勉強するというった違う教科の勉強に切り替えて脳をリセットするのだそうです。

中学卒業と同時に上京して筑波大学付属高等学校の通ってからも朝の光を感じたら、机を見るのを習慣は続けたそうです。

司法試験の勉強の時は、1日の勉強時間は19時間半のガリ勉状態だったそうです。

自分の部屋で勉強する癖をつけるために机のある自分の部屋だけにエアコンをつけて当時、5月の短答式試験、7月の論文式試験、10月に口述試験に臨みました。

エアコンのリモコンの電池が切れた時は半狂乱になりそうだったそうですよ。

 

山口真由の勉強法や東大法学部首席を獲得した顛末と美人の妹画像はPages2へ