山上徹也、安倍元総理を奈良市で襲撃した犯人の犯行動機や生い立ちは

2022年7月8日、午前11時半頃に奈良市内の路上で自民党公認参議院議員候補さとうけい氏の応援街頭演説をしていた自民党の安倍晋三元総理を背後から散弾銃で左胸にめがけて2発発砲した犯人・山上徹也容疑者が殺人未遂で現行犯逮捕されました。

 

奈良県にある近鉄「大和西大寺駅」駅の北口ロータリーで自民党公認参議院議員候補さとうけい氏の応援街頭演説中に警視庁の要人警護を専門とする警察官、SPが1人ついていた自民党の安倍晋三元総理を心肺停止状態にした奈良県在住の山上徹也容疑者の犯行動機や生い立ちについて当たり障りなくまとめてみたいと思います。

犯人・山上徹也容疑者は一体何者なのか

2022年7月8日午前11時20分頃に街頭演説場所に到着した自民党の安倍晋三元総理は、30分頃に演説を始まったそうです。

 

3分後ぐらいに銃声が1発聞こえ、安倍晋三元総理の背後5メートルぐらいのところにマスクに眼鏡、Tシャツと長ズボン姿の男性・山上徹也容疑者は2発目のを発砲したところで、取り押さえられたようです。

目撃情報では取り押さえられた時は、多少は抵抗はしたそうですが何か言葉を発することもなく、黒い筒をビニールでぐるぐる巻きにしたようなものを掲げていた模様。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました