TBS系列『爆報! THE フライデー』の「あの美女は今大追跡」と題して、昭和の大女優・南田洋子さんがお芝居では褒めてくれたことのなかったながらも愛されていた姪で女子アームレスリング全日本大会13連覇の記録を持つ山田よう子さんの現在が特集されます。

 

華奢な外見からは想像もつかない豪腕で、一般男性の弘士さんと結婚して5才、3才、1才の双子の子育てをするグラビアアイドル時代にはDVDも発売し、南田洋子さんに女優になって貰いたいと同じ”よう子”を名付けてもらった山田よう子さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

 番組表では「姪」と紹介されている山田よう子さんですが、Wikipediaの情報では「従兄弟の娘」と記載されているのですが、どっちなのかは番組内で明確になるのではないかと思います。→ 従姪ということでWikipediaが正解でした。

 

従姪・山田よう子が昭和の大女優・南田洋子を裏切った過去とは

 

 

WIKIPEDIAより詳しい?山田よう子のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:https://peeps.co.jp/

名前
(読み方)
 山田よう子
(やまだ ようこ)
生年月日  1979年5月25日
出身地  東京都中央区
血液型  A型
身長  155cm
体重  43㎏(時期不詳)
スリーサイズ  B85 W58 H83 
カップサイズ  
出身高校  堀越高等学校
出身大学  
趣味  掃除、洗濯、女子プロレスを見ること
特技  アームレスリング
職業  アームレスラー、総合格闘家、タレント
所属  日本アームレスリング連盟
 PUREBRED
事務所  株式会社ピープス
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 https://www.facebook.com/
yoko.yamada.96199
Twitter
ツイッター
 
ブログ  山田よう子オフィシャルブログ
(https://ameblo.jp/yoko0525yamada/)
Instagram
インスタグラム
 yoko__yamada
(https://www.instagram.com/
yoko__yamada/)

 

小学生時代はリーダー的存在だった山田よう子さんですが、中学校に進学してからいじめられていた子をかばった事をきっかけに山田よう子さん自身がいじめの対象になってしまう。

陰湿ないじめをされるようになった山田よう子さんは、思い詰めて中学1年生で自殺未遂を起こして不登校になったのを見かねた親族が更生施設へと入所させたがなじめずに脱走を繰り返した。

将来への不安と居場所のない寂しさに押しつぶされそうになっていた山田よう子さんは、慕っていた”洋子おばちゃん”こと女優・南田洋子さんを思い出し、おばちゃんの血をひいているし、女優だったら挑戦できるかも、と芸能コースのある堀越高校に進学。

女優・南田洋子さんに演技指導もしてもらって17歳でドラマ『砂の城』に出演して女優デビューするもプレッシャーと七光り女優と見られるのが嫌になり、大きな舞台をすっぽかし、学校をサボるように・・・。

街へ出ては、けんかにあけくれる日々だった山田よう子さんは、腕っぷしから繁華街の不良たちからも一目置かれるようになりながらも心は満たされず、20歳ぐらいの頃に行った居酒屋で男性のアームレスラーと出会う。

たまたま出会ったアームレスラーの男性はチャンピオンで、女性アームレスリングもあると教えてもらい、その場でアークレスリングをやると決めました。

実は、女子プロレスラーになりたかった山田よう子さんは、自分なりに鍛えていて普通の女の子より力はあって自信もあったのですが、アームレスリングを始めてすぐ2カ月後に都大会に出場してから決勝戦で初めて負けたことから「絶対に優勝したい!」と言う気持ちが芽生える。

2005年12月の第27回WAF世界アームレスリング選手権大会では、前に50kg級で世界戦で髪の毛がすごく長かった選手が45kg級に下げてきましたが、45kg級ライトハンドの決勝戦で当たるも日本人女性で史上初の世界王者になった。

2013年8月23日に長男を出産。

2015年に次男を出産。

2017年1月28日、自身のブログにて双子を出産を報告。

山田よう子の主な女子アームレスリングの受賞歴

  • 1999年 世界大会 2位
  • 2002年~2014年 全日本 優勝(13連覇)
  • 2005年 世界大会 優勝
  • 2008年 全日本 優勝(6階級制覇)
  • 2018年 全日本 優勝