コムアイ(水曜日カンパネラ)の足が太い?中毒性のある歌詞に鹿の解体習得が特技?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

音楽ユニット『水曜日のカンパネラ』の主演・歌唱を担当し、AERAなどで執筆を担当するライターの小野美由紀さんとは仲が良い?プロのライターからすると「変態ボーカル少女」という説明され、酒が飲めない子だと暴露され、ライブで鹿の解体ショーをしたり、奇妙な中毒性を醸し出す脱力ラップチューンで活躍しているコムアイさん。

2015年5月29日(金)よりテレビにて放映されているYahoo! JAPANが運営する日本最大級のインターネットオークションサイト「ヤフオク!」のCMに初出演が決まり、初の全国ツアーも全公演ソールドアウト。予測不可能な水曜日のカンパネラが気になっている方もいるのではないでしょうか。

水曜日のカンパネラ、「ヤフオク!」CMにコムアイ主演&楽曲を担当

出典:https://okmusic.jp/

それでは、当たり障りなく紹介してみたいと思います。

オークションサイトト「ヤフオク!」のCMに初出演のコムアイ

CMに使用されている楽曲(タイトル未定)は、メンバーのケンモチヒデフミさんによる書き下ろし曲です。映像ではコムアイさんが、ファッション用語の歌詞が散りばめられた同曲を口ずさみながら、さまざまな服に手を伸ばす姿が描かれていますね。

CMでセグウェイに乗るコムアイさんの姿も必見?今回がCM初出演となるコムアイさんは「30秒間の世界を作るのがこんなに楽しいと思わなかった!」とコメントしています。ネット上では足が少し太いのではと話題になっています。

フルコメントは下記の通りです。

30秒間の世界を作るのがこんなに楽しいと思わなかった!
試着室のカーテンの中で、ちょっと恥ずかしい服に袖を通して別人になったと思った時の、どこに行こう誰に会おうって興奮しちゃう、新しい姿で生きたいと願うエネルギー。企画の内容を聞いた時、アレを伝えてえ!と使命感を感じて、いつもより楽曲の制作に深く携わりました。
ファストファッションを着ては捨てするのはなんとなく気が引けるし、かといって高い服をずっと大事に着るまではまだ時間がかかりそうだから、ネット上にクラウドされたクローゼットで、たくさん変身するのが気分に合うなあと思います。セグウェイの操縦が楽しかったので、絶対YouTubeで長い方も観て欲しいです!
https://natalie.mu/から引用

さて水曜のカンパネラのアイコムさんをピックアップしていきます。

 

Wikiより詳しい?水曜日のカンパネラのプロフィールと経歴

水曜日に打合せが多かったから、漢字・ひらがな・カタカナ混じりにしたかったからなど、その他もろもろ。なお、カンパネラはイタリア語で「鐘」で、当初グループを予定して名付けられていたが、ライブなどではコムアイのみがPCとその他諸々を持って現れる。

2012年にYouTube上で作品発表を始め、2013年3月よりDir.Fに言われてやむなくライヴ活動を開始しました。活動を支えるメンバーが2人います。3人の関係を一言で表すとコムアイさんが子供で、2人は父親と母親で、2人の上に乗っかっているイメージとコムアイさんが明かしています。

Kenmochi Hidefumi (釼持英郁)

出典:https://twitter.com/

サウンドプロデュースのケンモチヒデフミ(釼持英郁)さん。元Hydeout Productions。ほとんどの曲を手掛けるトラックメイカーです。Hydeout Productionsは宣伝活動を行わず純粋に音=作品のリリースのみでリスナーから大きな支持を獲得した稀有のインディペンデントレーベルでNujabes(ヌジャベス、アーティスト名は瀬葉 淳(せば じゅん)さんが主宰。
※瀬葉 淳さんは2010年2月に交通事故で逝去、享年36。

Dir.F

出典:https://twitter.com/kom_i/

Dir.F(読みはディレクター・エフ)さんは、コムアイさんとケンモチヒデフミさんを引き合わせた人物であり、レーベルつばさレコードの人。一般的な音楽ユニットで言うところのマネージャー兼ディレクターを務めています。

特別扱いという訳ではないのですが、コムアイさんだけ別プロフィールで紹介したいと思います(笑)。

コムアイのプロフィール

コムアイのプロフィール

出典:https://twitter.com/kom_i/

名前:コムアイ
生年月日:1992年7月22日生まれ
出身地:神奈川県
最終学歴:慶應義塾大学(2016年3月卒業予定)
父:NHKでNFLなどの解説を務める輿亮(こし まこと)
好きなチーム:グリーンベイ・パッカーズ(NFLチーム)
強み:鹿の解体
弱み:起床(低血圧)
弱点:クロールと逆上がりができない
好物:今川焼と明石焼といきなり団子
趣味:落語鑑賞、映画鑑賞、消されそうなツイートのスクショを撮ること。プロレス観戦

マキタスポーツさん曰く“エロくない壇蜜”

プロレスはSPA!副編集長から勧められ、ヨシヒコ(DDTプロレスリングでプロレスラーとして出場するダッチワイフ)の動画を見たことがきっかけだそうです。初観戦は大日本プロレス。ただし格闘技は嫌いだそうです。(笑)

コムアイの本名と父親は?

コムアイのプロフィール本名

出典:https://twitter.com/kom_i/

本名は、自身のツイッターでは小室愛と明かされていますが、ここで疑問が・・・。

「コムアイ」という芸名の由来が、Twitterのアカウントをそのまま使っているそうです。本名の名字が「コ」で始まって、名前が「ミ」で始まり、「K」と「O」と「M」と「I」で、アンダーバーを入れる場所が他のは埋まっていたので「KOM_I(コムアイ)」になったと語られていました。

輿 亮(こしまこと)さん

出典:https://www.townnews.co.jp/

プロフィールにも父親の名前を書かせてもらっていますが、輿 亮(こしまこと)さん。

J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」のFM放送で、年間ライブを150本観に行くことで知られるライブ王こと藤田琢己さんがナビゲータを務めているのですが、コムアイさんの父親の話が出てきてのがきっかけだったと思います。

麻布中学校でアメフトと出会う。
東京大学でも4年間競技を続けた。1983年に富士通入社。
1985年にフロンティアーズが発足する際も選手兼コーチとして加わる。
1990年〜97年に監督。日本協会の活動として国際試合での代表チームのマネージャーも務める。
NHK BS放送でのNFL中継解説は18年以上務め、「初めて観た人でも分かりやすい、楽しい解説を心掛けている。人によっては”輿の解説はうるさい”」って言われるそうです。

脱線してしまいました(笑)。恐らく本名は「輿 美咲(こし みさき)」ではないかと思われます。

コムアイさんの高校生活、両親は放任主義過ぎた?を知りたい方、続きはPages2へ

コムアイの高校生活は?両親は放任主義?

高校生の頃は畑や農業に興味があって、いずれは自給自足の生活をしたいと考えていそうです。。ずーっと都会で育ってきたからこそ、モノが多すぎる都会の雰囲気にすごく疲れていたそうです。10代から既に自分を客観視していて随分冷静だったんですね。

自分のことはほっといてくれないかなと思ってもそこに居るだけで情報を浴びせられ、消費を煽る都会の生活が心底嫌になって、高校生の時にいくつかのNGOやNPOに関わり、サルサダンスに魅了されてキューバを旅してみたり、茨城で田舎の暮らしを体験をしてみたりしたんだとか。当時は人口密度が薄く大量消費や資本主義じゃないイデオロギーが根付いた場所を欲していたと明かしていました。

スポンサードリンク
[ad#1]

18歳の時、1カ月間ほど、食事・宿泊場所と力(ちから)を交換するWWOOF(ウーフ)を通じて「やさと農場」というところで生活し、作物の収穫に始まり、鶏の餌やりや卵磨き、あとはお菓子やご飯を作って皆で食べたり、流しそうめんをしたりと毎日が夏休みみたいだったそうですが、もう少し荒れた生活が合っているということに気付いたそうです。

中学の時から大学付属の学校に通っていたので、中学受験以降の10年間が保証されていたこともあり、別の学校に通う同世代が受験勉強を頑張っている最中、勉強する気にはならず、その代わりに別のことをしようと思って、学生生活とは関係無いことに一生懸命になったそうです。

いろんなところに行くことが出来るのは、幼い頃から両親に旅行に沢山連れていってもらったおかげもあり、色々な場所に行くことにあんまり抵抗が無いからだそうです。世界一周のピースボートに乗りたいと中学生の時に言った事があるそうで、両親は快くOK。

その後、政治的なデモ活動に関わるようになったときも、「信念があるからこその行動はすごく良いことだよね」と応援してくれましたんだとか。周りの人にもよく言われるのですが、本当に不思議なくらい、今振り返ってみても放任主義だと語られています。

コムアイさんの結婚観、デビューの経緯を知りたい方、続きはPages3へ

コムアイさんのデビューの経緯は?もし音楽を選ばなかったら?

音楽の世界を選んでいなかった場合は、ラブドールの営業をやってみたいと思っていたそうです。オリエント工業という映画「空気人形」の題材になった会社ですが、知人の写真家さんにこのラブドールを持っている人がいて、その人の自宅で記念撮影をさせてもらったことがきっかけでこの会社を知ったそうです。

Dir.Fさんが、元々の発案者で、このプロジェクトを考える前にケンモチヒデフミさんのCDをタワー・レコードで、たまたま聞いて、凄く良いなと思い、その後、デザインフェスタというイベントで出会い、しばらくして、ずっとインストを作ってきた人だから、歌モノのアーティストをゼロから一緒にやってみたら面白いと考えていていたそうです。

スポンサードリンク
[ad#1]

ケンモチヒデフミさんに声をかけた時点で、既に一人女の子のメンバーは決まっていて、コムアイを誘った時には、もう一人増えていたんだとか。水曜日のカンパネラは、最初は3人でやる予定だったそうです。

最初に入った子は、ストリートダンスを踊れる子、2人目の子はエモい感じの歌の上手い子。しかし、いつの間にか二人とも辞めてしましい、ケンモチヒデフミさんが人数に凄くこだわっていたこともあり、オーディションをもう一度開いたと明かしていました。

コムアイさんは大学2年にあたる20歳のときに出席したとあるホームパーティーで、Dir.Fに声を掛けられて「水曜日のカンパネラ」を始めることになりました。

目黒で知人の映像作家の旅の報告会という名のホームパーティーの会場でたまたま会い「川崎から自転車でここまできた」とか、「高校時代にスポンサー集めてキューバ旅行行った話」とか、「NGOをやっていたみたい」と、色々な話を聞いているうちに「なんか活発で面白い子やなぁ」と思う様になり、それに話し声とかも特徴的で歌ってみたら良いんじゃないかとDir.Fさんが明かしていました。

コムアイさんの結婚観は?

結婚願望はあるそうでう、35歳くらいまでに?いつかは結婚できるだろうなと思っているとのこと。今のところは、周りで結婚生活を送っている人たちを天才だと感じているようで、人生の伴侶を一人に決めるということは、これから先の人生に一区切り付けるということですよね。私には一歩二歩も先の世界だと語られています。

水曜日のカンパネラのコムアイさんが歌っている音楽を知りたい方、続きはPages4へ

コムアイさんが歌う音楽は?

ジャジー・ヒップホップ、テックハウス調の楽曲に意味不明も特徴的な歌詞とボーカルのちょい下手なラップが異常なまでの中毒性を生み出す感じでしょうか?(上目線な感じな文ですみません。) 個人的には「桃太郎」という曲が好きなので少し書かせてもらおうかと思います。

「桃太郎」は、80年代後半から90年代の家庭用ゲーム機の知識がないと楽しめない歌詞であり、桃太郎伝説をプレイしてないと分からない歌詞だと思いますね。

あと、2曲ほど貼らせていただきます。

『マリー・アントワネット』 マリーアントワネットの最初に叫んでるのは、フランス語で「自由、平等、博愛」です。

『ディアブロ』 コムアイさんが1人で町娘や猿、ゲームのキャラクターなどを何役もこなす、コミカルでストーリー性の高いと思います。顔芸も必見?

スポンサードリンク
[ad#1]

コムアイがライブで鹿の解体ショー?

2013年11月4日、渋谷のライブハウス「WWW」で主催した音楽イベントで「鹿の解体」を行っているアイコムさん。 イベントを企画したコムアイさんは当時21歳。高校時代に農業への興味から就農体験の中で「動物を殺し、肉にする」という行為の意味への関心が向き「解体ワークショップ」というイベントにも参加して実際に鹿などを解体する作業を経験したそうです。
※高校時代の記事は2ページ目を参考にして下さい

「都会で生活している人、普段から狩猟や解体などの行為への意識が高い人ではなく、ごく普通に音楽を聴きにくるような人たちに解体を見せて、その意味を感じてほしい」とこのイベントを発案したそうです。「決してグロテスクなものを見せたいわけじゃない」と何度も語ったコムアイさんの意志は固かったそうです。

「動物愛護の考えを持っている人からはバッシングを受けるのでは?」という質問に対しての答えが返されていましたので紹介します。

「一切、動物の肉を食べずに、動物実験をしている化粧品やシャンプーなども使わないで、山奥で木の実だけ拾って暮らしているような人ならば、『その通りだな』とお話を聞きたいです。でも、都会で暮らしている人には言われたくない。都会に生活している以上、食べること以外にも動物の犠牲の上で生活しているから。森や林を切り開いたり、電気だって発電所のためにダムをつくったりして、動物の居場所を奪っているんですから」 「実感したいんですよ。命が亡くなるというのは衝撃的なこと。『生きている動物が死ぬ』ということと、『その肉を食べる』という行為が普通に生活していると結びつかない。実感できない。自分でその『痛みみたいなもの』も感じたほうが……だから、苦しみに解体の現場に来ているのかもしれないですね。かわいそうと思うのはこっちも苦しいし、血を見たくてやっているわけではない。獣が殺される現場を見るときは、みんな静かになるんですよ。ズーンと来る。一方、それと同時に、解体を通じて新鮮なおいしい獣の肉をその場で食べるという醍醐味もある」
月刊SPAから引用

水曜日のカンパネラ『シャクシャイン』

水曜日のカンパネラ『ラー』

水曜日のカンパネラ『マッチ売りの少女』

ある少女の早朝からの深夜までの時間軸で構成されたおり、コムアイと架空の彼氏との非日常が描かれ時間の経過とともにスリリングに展開される事件と平行する美しい画のコントラストが衝撃を与える作品。

コムアイ「落書きしたい…」とつぶやき JR渋谷駅内広告に落書きを敢行?

コムアイさん自身のTwitterで11月22日に「落書きしたい…」と呟いた事からYahoo! JAPANが提供するサービス「たびぴた」とタイアップしJR東日本の協力のもと、コムアイさん自らステンシル・アートを行いました。

JR渋谷駅山手線外回り1番線ホームに2015年11月29日まで掲載されていたそうです。

自分としては、共感できる部分が多かったですが、呼んでいただいている方にはどう感じられたでしょうか。 アイコムさん、水曜日のカンパネラの今後の活躍を応援したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています