テレビ東京系列『じっくり聞いタロウ~スター近況㊙報告~』では「君たちも”裏社会”ジャーナリストだ!芸能界の裏側を大暴露SP」と題してグラドル&モデルが実際に目撃したヤバイ実話をネクストブレイクタレント18名の中からHカップタレントの渡辺万美さんが大暴露します。

 

4年間事務所に所属せずに活動しながらアルバイト先のキャバクラで働いていた時に中国で映画監督をしている人物から3日で600万円のギャラの仕事内容や枕営業の実態を暴露した内容とハスキー声が印象的な渡辺万美さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

渡辺万美も事務所の面接で整形を強要させられそうになったエピソードを告白

以前の芸能事務所の社長に「君は鼻から下がおしい、歯を全部入れ替えて「アゴをしゅっとした方がいい」と言われ、歯を入れ替えてくれたら事務所に入れてあげると勧誘されたことがあると告白しました。

歯を全部入れ替えにかかる費用は事務所が全額負担で無料に美人に変身できると言われたそうですが、もちろん渡辺万美さんは断ったそうです。

余談ですが・・・

その後に番組のアシスタントを務めている金山睦さんが、入ろうとした事務所に歯をセラミックにしてもらったそうです。

結局は事務所には入らないで済んだだけでなく、歯をセラミックにした費用の請求はされなかったそうです。(上下4本ずつで200万円だったそうです。)

とろサーモンの久保田かずのぶさんからよく笑いながら「200万円タダで良かった払わなくて良かった」って言えるなという言葉には共感してしまいました。

 

「じっくり聞いタロウ」の裏社会ジャーナリストの石原行雄の補足解説

高待遇の裏には事務所側にとんでもない狙いがあることを裏社会ジャーナリストの石原行雄さんが・・・

女性の美貌をお金にかえるシノギのことを悪い言葉で「女衒(ぜげん)商売」といったりします。

その筋では基本中の基本で特に

  • 三流事務所
  • ○V事務所
  • 水商売
  • 風俗関係

では当たり前に使われる方法で

形を変えることが目的ではなく、借金を負わせることが本来の目的で借金を作らせることで前借りしていると同じ事になるので移籍もできない、入った仕事が「恥ずかしいからできない」と言ってもやるしかない。

仕事を断れば金利がどんどん増えていき、最終的には脱がざるをえない状況にもなりかねない

と、解説していました。

 

WIKIPEDIAより詳しい?渡辺万美のプロフィールと経歴・学歴

WIKIPEDIAより詳しい?渡辺万美のプロフィールと経歴・学歴1

出典:https://www.instagram.com/

芸名
(読み方)
 渡辺 万美*
(わたなべ ばんび)
本名
(読み方)
 渡辺 花穂
(わたなべ かほ)
愛称  バンビーナ
生年月日  1989年9月15日
出身地  東京都
血液型  B型 
身長  165cm 
体重  ??kg
スリーサイズ  B93 W60 H87(2018年時点)
カップサイズ  Hカップ
靴のサイズ  24.0cm
出身高校  
趣味  音楽鑑賞、ミュージカル観賞
特技  ピアノ、チアリーディング
事務所  ブルースカイウォーカーズ
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 
Twitter
ツイッター
 @0915Bambi
(https://twitter.com/0915bambi)
ブログ  
Instagram
インスタグラム
 bam0915
(https://www.instagram.com/
bam0915/)

 

※芸名の由来※

イタリア料理店で働いていた父親が子供を意味するイタリア語「バンビーノ(Bambino)」に因んで命名しようとするも周囲の反対から「万美(ばんび)」と名付けられることはありませんでした。

その後、芸能界入りを後押ししてくれた父親のへ恩返しする意味も込めて事務所に「万美(ばんび)」の芸名を使いたいと直訴したことで現在の芸名で芸能活動を行っている。

※※※※※※※

2007年10月16日に大手下着メーカートリンプ(Triumph)主催の世界一美しいお尻を決めるヒップコンテスト「ショウミー・ユア・スロギー(SHOW ME YOUR sloggi)」で112人の参加の中から高校生だった渡辺花穂さんが日本大会で優勝して日本一のお尻の持ち主になりました。

WIKIPEDIAより詳しい?渡辺万美のプロフィールと経歴・学歴

出典:https://twitter.com/

日本一のお尻の持ち主になったことで当時、サンズエンタテインメントの野田義治社長から芸能界デビュー権を贈られて巨乳軍団の最後の秘蔵っ子として2007年11月5日からサンズエンタテインメントに所属。

事務所に所属して10日後に受けたというオーディションで関西テレビ制作・フジテレビ系の連続ドラマ『あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜』にレギュラー出演に抜擢、月刊プレイボーイでグラビアデビューを果たす。

通っていた高校は、芸能活動を禁止していた為、自主退学して転校するも3日しか通うことができなかった事を「スコラ2008年3・4月合併号」で明かしている。

2009年に初写真集『Bambitious バンビの野望』を発売。

2010年にサンズエンタテインメントとの契約終了を機に歌手を目指して活動していく予定でしたが、2013年にスターポリスと契約して芸能活動再開。

光文社「FLASH」主催オーディション『ミスFLASH2014』にエントリーしてファイナリストまで進出するもグランプリは受賞できず。

2013年、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』にチャンピオン 役として出演や翌年の大河ドラマ「軍師官兵衛」にも出演して女優としても活動している。

本格的な女優転身を機に28歳で初めて、2018年5月7日発売された「週刊現代 2018年5月19日号」の袋とじヘアヌードグラビアを披露し、2018年6月29日に約10年ぶりに講談社から写真集『BAMBI』を発売。
※Amazonランキングのkindleストア写真集部門でトップ10入りした

海外トレンド・セレブ系の女性ファッション誌「GLITTER」では、男心をくすぐる色っぽい姿を魅せるだけでなく、「セ○クスの後に必ず花束をプレゼントしてくれる方」がいたことをインタビューで明かしている。