バルサビア(心臓が飛び出た少女)のカントレル五微症候群の原因と症状と治療方法は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年5月9日、日本テレビ系列『ザ!世界仰天ニュース』では先天性奇形によって生まれつき心臓が飛び出す難病「カントレル五徴症」を患っている現在8歳のバルサビア(ヴィルサヴィヤ)・ボルン-ゴンチャロヴァさんが特集されます。

100万人に5人という稀な病で歩くことが困難なケースもあるそうですが、周りがヒヤヒヤするほど超元気のバルサビア(ヴィルサヴィヤ)・ボルン-ゴンチャロヴァさんと生活のついて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

Wikiより詳しい?ヴィルサヴィヤ・ボルン-ゴンチャロヴァのプロフィールと経歴・学歴

出典:

名前:バルサビア(ヴィルサヴィヤ)・ボルン-ゴンチャロヴァ
英語表記:Virsaviya “Bathsheba” Borun-Goncharova
生年月日:
出身地:ロシア

ヴィルサヴィヤ(バルサビア)ちゃんのカントレル五微症候群を治療できる医師が日本にいた!?

肋骨の一部が欠損して心臓が胸から飛び出し、左右の心室がねじれるなど複数の複雑な心臓疾患の「カントレル症候群」を患っていたマレーシア少女リー・ウェン・ウィーさんが、2015年10月15日静岡県立こども病院で世界初の心臓病手術に成功したことが発表されました。

バルサビア(ヴィルサヴィヤ)・ボルン-ゴンチャロヴァさんは、体が成長過程であることを血圧が低いことからボストンの病院で手術をすることができませんでしたが治療の兆しがみえてきた可能性があるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています