TBS系列『マツコの知らない世界』では「アスパラガスの世界」をテーマに日本人1人あたりの年間消費量がたったの3本ぐらいの中で年間3000本食べる北海道のアスパラ農家に生まれで生産の難しさや厳しさを知っている内山裕史さんが出演です。

 

大学卒業後はサラリーマンなってから東京で食べたアスパラガスの不味さに衝撃を受けた事をきっかけに美味しいアスパラガスの安定供給と噛めば噛むほど良いえぐみが出るという幻のアスパラガス「ラスノーブル」の入手方法や内山裕史さんと妻考案のアスパラ飯について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

幻のアスパラガス「ラスノーブル」と購入方法とは?

2008年7月7日から7月9日まで日本の北海道虻田郡洞爺湖町のザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパを会場にしていた第34回主要国首脳会議「北海道洞爺湖サミット」に各国首脳陣が出席した晩餐会の食材にもなった美瑛のグリーンアスパラガス「ラスノーブル」は幻のアスパラガスと呼ばれています。

北海道のほぼ中央に位置に「日本で最も美しい村連合」加盟している北海道上川郡美瑛町は、内陸部特有の昼夜の気温差が大きい気候でアスパラガスを育てるのに理想的だそうです。

幻のアスパラガスと評されている美瑛のグリーンアスパラガス「ラスノーブル」は、一般市場流通はせずにギフト商品として栽培されていることから、簡単に購入はできないものだそうです。