TBS系列『マツコの知らない世界』では「読み聞かせ絵本の世界」をテーマに自身の子育てをきっかけに絵本の面白さに目覚めて自宅には1500冊以上の絵本を蔵書している絵本講師として子育てに関する講演活動をしている内田早苗さんが出演です。

 

昔から子供が苦手なタイプで子供の幼稚園入園を機に絵本講師になってから絵本教室「きいろいおうち」を主宰しながら躾や勉強を絵本に役割を求めるのではなく子供とのふれあいの時間にすることを提案する絵本講師・内田早苗さんと紹介した絵本について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

内田早苗が活動している絵本講師とは何?

絵本講師とは、小比賀ゆり子さんが2005年2月22日に絵本で子育てすることの楽しさを子育て中の母親や父親たちに語ることのできる絵本講師を育成を目的としているNPO法人「絵本で子育て」センターを設立してこれまでに約1600人の絵本講師が誕生しています。

30歳で第1子を出産するも昔から子供が苦手なタイプだった内田早苗さんは、転勤族の夫だったことから頼れる人もおらず、どうしたらいい子育てができるのか手探りの毎日の中で絵本講師という存在を知りました。

子供の幼稚園入園を機に2004年からスタートされていた「絵本講師・養成講座」の受講を決めた内田早苗さんは、1年かけて絵本に関する専門的な知識を学び、絵本講師の資格を取得。

内田早苗さん自身も絵本講師を受講してから子供とのコミュニケーションが深まったと読み聞かせの力を子育ての中で実感し、同じように悩んでいる母親の助けになりたいと2011年に神奈川県平塚市に移住したことをきっかけに自宅を開放して絵本教室「きいろいおうち」を主宰しています。

 

絵本講師・内田早苗が紹介した絵本は?

絵本は”自分の子供と仲良くなれた救世主”であると説明していた絵本講師として絵本教室まで開いている主婦・内田早苗さんは、子供に役立つ本ではなく、子供と楽しむ本を選んで欲しいと年間2000冊以上も発売されている絵本の中から選りすぐりの読み聞かせ絵本を8冊紹介していました。

種類が多すぎて何が子供に良いのか迷ってしまうという母親・父親も多いと思いますが、選りすぐった読み聞かせ絵本と驚きの読み聞かせ方法についておさらいしてみましょう。

「しろくまちゃんのほっとけーき」

「ごぶごぶごぼごぼ」

「くだもの」

「これはのみのぴこ」

「おいしいおと』

「オニのサラリーマン」

「パンツのはきかた」

「あなたがとってもかわいい」

 

WIKIPEDIAより詳しい?内田早苗のプロフィールと経歴・学歴

WIKIPEDIAより詳しい?内田早苗のプロフィールと経歴・学歴

出典:https://www.facebook.com/

名前
(読み方)
 内田 早苗
(うちだ さなえ)
生年月日  1974年
出身地  大阪府(神奈川県平塚市在住)
血液型  B型
身長  
体重  
出身高校  
出身大学  
職業  NPO法人「絵本で子育て」センター認定講師
 わらべうたベビーマッサージインストラクター
SNS・ブログ
ホームページ  絵本で子育て『きいろいおうち』平塚
(https://kiiroiouchi123.wixsite.
com/kiiroiouchi)
Facebook
 https://www.facebook.com/profile.
php?id=100026620481069
Twitter
ツイッター
 
ブログ  からすのえほんやさん
(https://ameblo.jp/kyouryuushounen1459)
Instagram
インスタグラム
 sanamasa1459
(https://www.instagram.com/
sanamasa1459/)