日本テレビ系列『行列のできる法律相談所』では「あの人を妬み嫉みました実名告白SP」と題して、成田ひよりとしてモデルを主にして活動から女優に転身して「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」で初主演をつとめる桜田ひよりさんが芸人Tから必殺のちくわキュウリを直伝されます。

 

コンビ名ザ ツネハッチャンから再び2700のコンビ名に戻して主にボケ担当の芸人Tことツネ(本名・常道啓史)さんがYouTube動画で賛否両論ながらも人間ポンプ「ちくわとキュウリを別々に飲み込んで胃の中で合体させて出す」で放送事故映像と現在の副業について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

コンビ2700ツネの人間ポンプ「ちくわキュウリ」は放送事故?

【神業】「人間ポンプ~新技披露~」 ~ツネのこれやりたかってん!#33~

 

2011年に右ひじ左ひじ交互に見てのネタで大ヒットしたリズムネタなどで知られる吉本興業のお笑いコンビ2700のコンビ名の「2700」はアルバイト先で運ぶ鉄骨の長さ2700mmに由来しています。

実は、2017年10月29日放送分の『行列のできる法律相談所』でもガッキーこと新垣結衣さんが出演した時に「何回も見ているので、オチはわかるのですが笑ってしまう。動画を見ていつも癒やされています」と2700のツネさんに会いたいということで人間ポンプのネタを披露しています。
※当時番組出演時はお笑いコンビ・2700は「ザ ツネハッチャン」とコンビ名に改名していた

新垣結衣さんに披露した人間ポンプ「3色のアメを自由に出し入れして指定したアメを吐き出す」ネタで飲み込んでいる途中に出演者らに話し掛けられて耐えきれずに吐き出してしまうという定番のオチで笑いを誘いました。

指定したアメを吐き出し成功したかに見えながらも手元のグラス入らなかった為にツネさんは、やり直しを申し出ますが新垣結衣さんに拒否されて思わず倒れ込んで終わりました。

さて、今回の新ネタは「ちくわとキュウリを別々に飲み込んで胃の中で合体させて出す」ネタで最初にちくわを飲み込んだ後、急に声変わり?になってから出演者らに話し掛けられて耐えきれずに吐き出すというオチを2回披露した後、3回目に成功。

本当に胃の中でちくわとキュウリを合体させているのであればスゴイことですが、ツネさんの人間ポンプネタは、成功する前に飲み込んでいる途中に話し掛けられて耐えきれずに吐き出してしまうことで大爆笑が生まれます。

ただ、1回で成功するだけでは見る人によっては見た目が汚い、笑いも無く失敗すれば放送事故レベルではないのか?など賛否両論かもしれませんね。

実際に人間ポンプを披露している番組内で飲み込んでいる途中に出演者らに話し掛けられて耐えきれずに吐き出してしまう動画を見ると面白いと思います。

 

2700・ツネの現在副業に相方の八十島が不満?

2013年頃は月収が100万円を超えていたお笑いコンビ・2700でしたが、2015年2月過ぎてたあたりから月収5分の1に大幅ダウンし、2人とも既婚者で子供もいるため、アルバイトを始めたことを明かしてました。

2018年2月から収益不動産を販売しているインベストメント プロパティ コンサルタンツ株式会社の不動産賃貸の部門を任されて表参道のオフィスで賃貸仲介事業として「ツネの賃貸『THE CHINTAI』」の屋号を掲げて、紹介客と中心に後輩芸人のあわよくば小川さんと共に月に40件ほどの案件を手がけています。

芸歴4年目で大阪に住んでいた時のツネさんは、一般的な間取りの1DKの内見を済ませて申し込もうと決まりながらも軽い気持ちで隣の空室に足を踏み入れたところ、直感でその部屋に決め直して引っ越した途端にテレビ出演が立て続けに決まったそうです。

テレビ出演が立て続いたツネさんは、引っ越した部屋には10ヶ月ほど住んだだけです、上京することができたのは直感で決めた部屋「出世部屋」の出会いがあったからだそうです。

2018年10月の宅地建物取引士の免許取得に向けて猛勉強をしており、2020年2月までに渋谷で店舗を構えて自主管理のオーナーから管理を任されることを今後の賃貸仲介の目標について「全国賃貸住宅新聞 第1337号」で語られています。

相方の八十島(本名・八十島弘行)さんの現在、平日はパチンコやスロットで生計を立ててネタを考えてないことを映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「よしログ」で明かし、ツネさんが賃貸仲介事業で成功していることに「マジで嫌っす」と本音を漏らし、活動休止芸人からYoutuberで再起をかけるかどうか悩んでいる。