関西テレビ制作・フジテレビ系列『セブンルール』では、年3回出版されている発売すると即完売のグラフィック社の人気専門誌「デザインのひきだし」編集長で誰よりも紙を愛する津田淳子さんと「デザインのひきだし」と表紙の制作現場が密着されます。

 

デザインに関わる人なら知っておきたいデザイン・印刷・紙・加工の実践情報誌として2007年からスタートした圧倒的存在感を放つ専門誌「デザインのひきだし」を手掛ける津田淳子さんの経歴,結婚事情,セブンルール,Wikipedia風プロフなど当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

「デザインのひきだし」編集長・津田淳子の結婚事情は

1974年、神奈川県で生まれた津田淳子さん幼少期からとにかく本を読むように両親にいわれてきた津田淳子さんは、多くの本を読んで過ごして高校、大学卒業後、出版社に就職後に東野圭吾さんの小説「白夜行」の装丁の影響でデザインに興味を持ちました。

株式会社ボーンデジタルのデザイン&DTPの総合誌 「DTPWORLD」編集部を経て、2003年9月26日にDTPWORLD別冊の「BOOK DESIGN」創刊編集長を務める。

2005年より株式会社グラフィック社で勤務を始めてから2006年に『デザインのひきだし』を創刊し編集長を務めて2月、6月、10月の年3回発行される「デザインのひきだし」の販売部数は現在1万2千部が発売日に即完売する人気急上昇中の雑誌として注目を集めている。

津田淳子さんの経歴や学歴に関して詳しい情報がなく、結婚をされているのかどうかも不明でセブンルールの番組内でも詳しい情報が開示されていませんでした。

結論:津田淳子さんの結婚事情は「不明」(2019年3月時点)

 

紙を愛する全ての人へ・・・毎号即完売の大人気専門誌「デザインのひきだし」編集長 津田淳子 7つのルール

紙を愛する全ての人へ・・・毎号即完売の大人気専門誌「デザインのひきだし」編集長のセブンルール① 表紙に1番お金をかける

紙を愛する全ての人へ・・・毎号即完売の大人気専門誌「デザインのひきだし」編集長のセブンルール② 定価2,000円をキープする

紙を愛する全ての人へ・・・毎号即完売の大人気専門誌「デザインのひきだし」編集長のセブンルール③ 見たことがない紙は持ち帰る

紙を愛する全ての人へ・・・毎号即完売の大人気専門誌「デザインのひきだし」編集長のセブンルール④ 知ったかぶりはしない

紙を愛する全ての人へ・・・毎号即完売の大人気専門誌「デザインのひきだし」編集長のセブンルール⑤ 気になる技術は名刺で試す

紙を愛する全ての人へ・・・毎号即完売の大人気専門誌「デザインのひきだし」編集長のセブンルール⑥ 原稿は写真の説明文から書く

紙を愛する全ての人へ・・・毎号即完売の大人気専門誌「デザインのひきだし」編集長のセブンルール⑦ 自分が読みたい本を作り続ける

 

まとめ:WIKIPEDIAより詳しい?津田淳子のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:

名前
(読み方)
 津田 淳子
(つだ じゅんこ)
生年月日  1974年??月??日
出身地  神奈川県 
血液型  ??型
身長  ??cm
体重  ??kg
スリーサイズ  B?? W?? H??
カップサイズ  ??
出身高校  
出身大学  
職業  「デザインのひきだし」編集長
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 
Twitter
ツイッター
 @tsudajunko
(https://twitter.com/tsudajunko)
ブログ  デザインのひきだし・制作日記
(https://dhikidashi.exblog.jp/)
Instagram
インスタグラム