突破ファイル!巨大な謎の球体の解明者吉田英一教授により火星に生物の可能性?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本テレビ系列『THE突破ファイル』では「謎を解け!最強ミステリースペシャル」と題して、日本だけでなく世界中に現れた巨大な謎の球体が発見されてから宮崎県内で発見されたことから解明に乗り出した名古屋大学 環境地質学の吉田英一教授らの突破劇が特集されます。

宮崎県内で発見される前に2006年に熊本県球磨郡多良木町でも発見されている巨大な謎の球体を含め、ツノの生えた球体を富山県で発見されたに事よって解明された巨大な謎の球体の正体と吉田英一教授について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

富山県で発見されたツノの生えた球体は「ツノガイ」だった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています