ぱいどん(AI手塚治虫作品)の著作権の行方や制作秘話は

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本テレビ系列『1億人の大質問!?笑ってコラえて!3時間SP』では、新企画「日本列島!AIがADで入社したら1年でディレクターになれるのか?の旅」と題して、キオクシア株式会社をプロジェクトリーダーに、手塚プロダクション、AI研究者によって始動した「TEZUKA2020プロジェクト」に密着。

「手塚治虫が生きていたら、どんな未来を描くだろう?」と世界初の人間×AIのコラボレーションによって2019年7月ごろからプロジェクトをスタートして半年で作り上げ、31年ぶりに新作「ぱいどん」を発表するまでに経緯や著作権の行方について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています