日本テレビ系列『THE突破ファイル』では、福島県大熊町のとある古民家の改築する際に天井裏から見つかった江戸時代の蕎麦のタネ「天保そば」を1998年の当時84歳の当主・横川一郎さんがこの実を発芽させられないかと農業試験場や大学の研究室などに持ち込んだ執念の突破劇が特集されます。

 

山形県の鈴木製粉所の社長・鈴木彦市さんが気心知れたそば処みねたの主人・峯田徳重さんに声をかけ、極力水を与えない伝統の栽培方法で発芽に成功したことで160年前の江戸時代に食べられていた野性味あふれるそばの味の「天保そば」の復活劇と堪能できるお店について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク