日本テレビ系列『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』では「森星よりもキラキラした女子に会いに行く in 博多」と題してライト兄弟が世界で初めて有人動力飛行に成功した1903年に福岡県和白村(現・福岡市東区)で産声を上げた世界最高齢で御年115歳でメモ魔の田中カ子(たなかかね)さんが出演です。

 

朝食後の日課では、オセロ風ゲームや足し算や掛け算の問題を解いたり、習字が好きで甘い物が好きで、缶コーヒーや栄養ドリンク、炭酸飲料をあわせて毎日3本は飲んでいる世界最高齢の田中カ子(たなかかね)さんの若い頃(半生)について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

イギリスにあるロンドンビジネススクールのリンダ・グラットン教授が長寿時代の生き方を説いた著書『LIFE SHIFTー100年時代の人生戦略』において2007年に日本で生まれた子どもが107歳まで生きる確率が50%もあると試算されている。

人生100年時代と言われる今日ですが、国連の推計では2050年までに日本の100歳以上人口は100万人を突破するともいわれているので「教育→仕事→引退」という人生モデルが崩壊してしまうのでは?と思ってしまいます。

 今回、バラエティ番組初出演の世界最高齢で現在115歳・田中カ子(たなかかね)さんについて探ってみましょう。

 

世界最高齢で現在115歳・田中カ子(たなかかね)の長寿の秘訣は?

世界最高齢で現在115歳・田中カ子(たなかかね)の長寿の秘訣① とにかく歩く

 

世界最高齢で現在115歳・田中カ子(たなかかね)の長寿の秘訣② 計算テスト

 

世界最高齢で現在115歳・田中カ子(たなかかね)の長寿の秘訣③ 踊りが大好き

 

世界最高齢で現在115歳・田中カ子(たなかかね)の長寿の秘訣④ 好きな時に好きなものを食べる

 

世界最高齢で現在115歳・田中カ子(たなかかね)の長寿の秘訣⑤ ドリンク剤などを1日3本飲む

 

世界最高齢で現在115歳の田中カ子(たなかかね)が住んでいる有料老人ホームの場所は?

グッドタイムホーム1・海の中道