有働由美子アナの自宅を再現したスタジオセットに有名人をゲストとして迎えて本音トークを繰り広げる日本テレビ系列『今夜ウドウ会』では、人生の中でそう聴けることのない素晴らしい声と称賛を受け、100年に1人のソプラノ歌手といわれている田中彩子さんが出演です。

 

ハイコロラトゥーラという超高音域の発声技術ができる田中彩子さんが高い声の出すための謎の練習や体をしめつけると発声がうまくできないから下着をつけない事が多い美人すぎるソプラノ歌手・田中彩子さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

大阪府八尾市出身の1児の母で読者モデルとして活躍する田中彩子さんと同姓同名ですが、このページの記事は美人すぎるソプラノ歌手の田中彩子さんの記事です。

 

コロラトゥーラと田中彩子が行う謎の練習とは?

18~19世紀のオペラのアリアなどに好んで用いられている主音符と2度上の音とを急速に連続して往復する奏法「トリル」や経過句、走句など速い技巧的な声をころがす声楽旋律をコロラトゥーラ(coloratura)と言います。

コロラトゥーラ(coloratura)は、ソプラノ歌手にとって技量が発揮できる見せ場にもなります。

コロラトゥーラ(coloratura)が多いオペラの代表的な作曲家となると

モーツァルト【「魔笛」の夜の女王】
ロッシーニ【「セビリアの理髪師」のロジーナ】
ドニゼッティ【「ランメルモールのルチア」のルチア】

などがあげられます。

コロラトゥーラ・ソプラノ歌手は、歌手としての寿命が短いともいわれており、コロラトゥーラ・ソプラノの女王といえばエディタ・グルベローヴァさんが有名です。

エディタ・グルベローヴァさんは現在、年齢が72歳で日本最後の公演は2018年10月に行われました。

田中彩子さんも

「歳を重ねられてもなお、少女のような声と素晴らしいテクニックを維持されているところが本当に凄いと思いますし、現役で舞台に立つ精神的な強さにも憧れます。まだまだ先は長いですが、彼女に少しでも近づけるよう頑張りたいです」
ぶらあぼ + Danza inside 2014年12月号から引用

と、尊敬する歌手としてエディタ・グルベローヴァさんの名前を挙げられています。

田中彩子 / 夜の女王のアリア~歌劇《魔笛》より(モーツァルト)