日本テレビ系列『人生が変わる1分間の深イイ話』では「テレビ業界で働く女性は本当に幸せなのか?SP」と題して吉本興業の芸人の小籔千豊さん、サバンナ、森三中、ダイアンと4組の売れっ子芸人を担当している美人マネジャーの田辺涼子さんが密着されます。

 

吉本興業のマネージャーには雨上がり決死隊の宮迫博之さんが社長に土下座して引き留めた小池マネージャーも有名ですが、これら芸人の1か月の仕事の本数226本のスケジュール管理をこなして東京進出した芸人の間でも「彼女が担当したら必ず売れる」と絶賛マネージャー・田辺涼子さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

現在、マネジャーの専門コースが新設されるほど人気の職業のマネジャーは、大手芸能事務所の競争倍率は1000倍をこえるほどだそうです。(広告代理店「(株)林企画」調べ)

今回密着されたよしもとクリエイティブ・エージェンシーの美人マネジャー・田辺涼子さん31歳独身(2018年8月20日時点)で、吉本興業の芸人の小籔千豊さん、サバンナ、森三中、ダイアンと4組の7月スケジュール226本を業界では珍しく一人で4組の売れっ子を同時にマネジメントしているのです。

よしもとクリエイティブ・エージェンシーの31歳独身美人マネジャー・田辺涼子さんが芸人や番組スタッフからも愛されている 理由についてまとめてみました。

 

31歳独身美人敏腕マネジャー・田辺涼子が愛される理由とは?

よしもとクリエイティブ・エージェンシーの美人マネジャー・田辺涼子さんは、行ける現場は全て立ち会いをする行動力なだけではありません。

ブッキングの電話をしながらスケジュールのメールを送信しながらワイプに映るダイアンの生放送を確認する3つの業務を同時にこなす超キャリアウーマンなのです。

それだけではなく、美人マネジャー・田辺涼子さんがスゴいのは「彼女が担当したら必ず売れると絶賛」されている敏腕マネジャーなのです。

実際の芸人のコメント画像を添えて敏腕ぶりと尽くしすぎるエピソードは・・・

お笑いコンビ・千鳥の場合

よしもとクリエイティブ・エージェンシーの美人マネジャー・田辺涼子さんが、東京進出したばかりの千鳥についた時には「千鳥さんは華がなさすぎるんでもうちょっとオシャレにして下さい」とはっきりモノ言っても愛嬌で許せるタイプと千鳥本人から絶賛されています。

大阪のチンピラ風ファッションは東京に合わないと辞めさせてテレビの仕事を優先してブレークのきっかけを作ったのです。

 

お笑いトリオ・森三中とダイアンの場合

大島美幸さんと村上知子さんの子供が幼稚園とか保育園とか休みの時は、保育士の資格を持つ敏腕美人マネジャー・田辺涼子さんが面倒を見てくれたそうです。

他にも『24時間テレビ36 愛は地球を救う』でお笑いトリオ・森三中の大島美幸さんが挑戦した88キロ24時間マラソンでは、美人マネジャー・田辺涼子さんは一緒に24時間走りきったそうです。

それも、一般の人々をさばきながら88kmを並走しただけでなく、休憩所ではマネジャー業務もこなして尽くすだけでなく、売れるために10歳年上のダイアンの津田篤宏さんにも容赦なく怒ります。

ダイアンの津田篤宏さんに怒った理由はPages2でお読み下さい。

 

小籔千豊の場合

敏腕美人マネジャー・田辺涼子さんの仕事のバリエーションは様々で小籔千豊さん主催の音楽フェス「コヤブソニック」の会議ではアーティストのキャスティングにも携わっていました。

小籔千豊さんからも「よしもとの中でもできると噂のマネジャー」と湖面としながらも忙しすぎる敏腕美人マネジャー・田辺涼子さんの事が面白くないと言い出します。

小籔千豊さんが敏腕美人マネジャー・田辺涼子さんに

「スイーツ買うたろか?」 → 「いらん」
「昼飯ごちそうしようか?」 → 「行かないです」
「晩ご飯行こか?」 → 「いえ、誰かに呼ばれてます」

と返事されるばかりで会話がなくなるというボヤキでした。何だかんだ仲がいいんですね。

 

放送作家・鈴木おさむの場合

放送作家の鈴木おさむさんからも「田辺はまず電話に出る連絡が早い これって意外とできそうでできないこと 田辺さんは幸せな結婚をして欲しい第2位」と高評価です。
※ちなみに第1位は黒沢かずこさんでした

 

敏腕美人マネジャー・田辺涼子さんが今売り出そうと一番力を注いでいるダイアンの津田篤宏さんを怒った理由やプロフィールは?