貴乃花&景子夫人の離婚理由と息子(花田優一&矢木麻織香)夫婦の現在と異様な兄妹愛

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大相撲九州場所で長年所属していた貴乃花部屋に所属していた小結・貴景勝が13勝2敗で自身初の幕内優勝を果たした「貴」乃花と「景」子が「勝」つで貴景勝という四股名として話題でしたが、その大相撲の元貴乃花親方と景子夫人が離婚しました。

八角部屋直属の親方・陣幕親方の娘・矢木麻織香さんと元貴乃花親方の長男でイケメン靴職人で話題になった花田優一さんの離婚危機や悪評が噂されている中で2018年10月25日に元貴乃花親方と景子夫人が離婚をしていた理由について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

景子夫人は若い頃は、元フジテレビのアナウンサー・河野景子アナとして超人気女子アナでした。

コンプライアンス(企業が法律や企業倫理を遵守すること)の低かった昔(30年前)にフジテレビの重役面接で最初に受けた質問「君って処女なの?」に対して「想像にお任せします」と、河野景子アナが答えたエピソードは今もテレビ業界の語りぐさ担っているそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています