平浩二「ぬくもり」歌詞がミスチル「抱きしめたい」と酷似で出荷停止 自主回収に発展!謝罪で収束か?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2015年12月10日にインターネット上で1992年12月1日に発売されたMr.Children(ミスチル)の2枚目のシングル「抱きしめたい」と2015年5月13日に発売されていた「愛・佐世保」の収録曲「ぬくもり」の歌詞が酷似していると盗作疑惑が発生しました。

2015年12月14日、販売元である徳間ジャパンコミュニケーションズが公式サイトで謝罪。出荷停止、商品回収およびCD購入者への返金を発表しました。今回の騒動を当たり障りなくまとめていきたいと思います。

2015年12月10日以降、Amazonのレビューに「歌詞が酷似しているとかそういうレベルではなく完コピ」、「知らないで歌ってるならこの平さんという方も不憫だね」、「このインターネット全盛の時代に半年以上もバレなかったのはある意味驚異的」と様々な内容が投稿されました。

平浩二さんの関係者の話では、2015年12月10日に徳間ジャパンコミュニケーションズの制作ディレクター宛に匿名メールが届いたことで事態が発覚したそうです。

平浩二さん自身も10日夜のライブ終了後、回収の可能性があることを関係者から聞き、「愛・佐世保」は佐世保出身の平浩二さん本人が初めて作詞を手がけたシングルで、思い入れがあるため、大ショックを受けて椅子にガクッと崩れ落ちたそうです。
※発売以降およそ4,800枚販売されているそうです

翌日11日の午後、「愛・佐世保」の収録曲「ぬくもり」の作詞を担当した作詞家で歌手の沢久美さんも出席しミーティングが開かれたそうです。沢久美さんは「ご迷惑をお掛けしています」と謝罪されたそうです。

ところが、「私は60を超えていて、ミスチルもよく知らないし、『抱きしめたい』は全く知らない。だから盗作はしていない」と疑惑を否定したそうですが、徳間ジャパンコミュニケーションズ側は「まるっきり一緒なので、言い訳の仕様がない」として、その場で回収と出荷停止する意向を伝えました。

12日、徳間ジャパンコミュニケーションズは、ホームページで詳細は調査中とする一方で「同一の部分が数多くあり、著作権の侵害にあたると判断した」として、CDの自主回収を決めたことを明らかにしました。

お騒がせしております「ぬくもり」の件につきまして

日頃よりご支援いただきまして、ありがとうございます。
先日よりインターネット上において、お騒がせしております件につきましてご説明させていただきます。

12月10日夜、インターネット上において、私が今年5月に出させていただきました新曲「愛・佐世保」が入っておりますCDのカップリング曲「ぬくもり」の歌詞がMr.Children様の楽曲の歌詞に酷似しているとの内容がアップされているとの情報が入りました。
私としては全く寝耳に水のことであり、本当にそのようなことがあるのか信じられませんでしたが、歌詞の内容は確かに酷似しており、大変驚愕いたしました。

今回のような事態になってしまいましたことにつきまして、一歌い手として大変申し訳なく思いますと共に、Mr.Children樣、ファンの皆様、及びその関係者の皆様に対して、ご心配、ご迷惑をおかけしたこと、お詫び申し上げます。

今後とも何卒変わらぬ応援をいただけますよう、心よりお願い申し上げます。

平成27年12月14日
平 浩二
https://www.tkma.co.jp/から引用

ミスチルの『抱きしめたい』と95%一致している報道までされた?

この騒動を受け10番組が大きく放送しているようです。日本テレビ系列『スッキリ!!』の加藤浩次さんは「あそこまで一緒だとアウト」、TBS系列『白熱ライブ ビビット』では泉谷しげるさんが「盗作というタイトルをつければよかった」、フジテレビ(FNN・FNS)系列『情報プレゼンター とくダネ!』では小倉智昭さんが「一番の被害者は平くん」とコメントしています。

2015年12月13日、フジテレビ系列『Mr.サンデー』では、スタジオで歌詞を比較や宮根誠司さんが作詞した「0854-8」と「抱きしめたい」に類似する歌詞があることを明かし、弁護士から著作権侵害には当たらないと説明を受けたことを紹介していました。

2015年12月14日、日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』で「Mr.Children大ヒット曲に酷似 歌手 平浩二(66)の楽曲に盗作疑惑」と題した特集を放送しました。司会の宮根誠司さんがMr.Children(ミスチル)の知名度について納得できるコメントを残していたのですが、皆さんは思われたでしょうか。

『情報ライブ ミヤネ屋』の検証では、冒頭の97文字中、約90%が一致していると指摘していました。コメンテーターのやくみつるさんが、作詞家で歌手の沢久美さんについて自身が50代後半でMr.Children(ミスチル)に詳しくないことを説明した上で、擁護?らしき発言の後、盗作をしたかどうかは明らかにすべきだと厳しく指摘されていました。

司会の宮根誠司さんは「ミスチルに触れないことのほうが、日本に住んでて難しいですからね。Mr.Childrenを全く知らないっていう人は、あんまり会ったことないですよね」と持論でまくし立てて作詞家で歌手の沢久美さんが全くの無知である可能性を否定していました。

司会の宮根誠司さんは「タモリさん知らないと一緒ぐらいでしょ、音楽関係の人がミスチル知らないっていうのは」と例えて、スタジオ内が納得した雰囲気になっていました。

長崎県佐世保市の朝長則男市長から「平さんも被害者。責任はなく、むしろ同情したい」とエールを送られた平浩二さんはどんな人?続きは次へ

どぶろっかーず・江口直人がミスチルパクリ騒動にチクリ?

2015年12月14日、結成1年を迎えるバンド・どぶろっかーずの1stシングル「女のかわいさはんぱない!」の発売記念イベントで「ライバルはミスチル」と公言している江口直人さんが「僕みたいにもっと巧みにパクらないと。いや、僕らの場合はゆがんだラブソング。官能小説から引っ張ってこないとね」とコメントをされています。

DAIGO ミスチル盗作騒動の平浩二に同情?

2015年12月15日に生放送されたTBS系『白熱ライブ ビビット』に出演していたBREAKERZのボーカルでタレントのDAIGOさんは、自身のバンドの作詞・作曲も手がけています。Mr.Childrenの「抱きしめたい」とそれを盗作したと指摘されている「ぬくもり」の歌詞について「ひとことで言うとまんま」という判断をしました。

また、DAIGOさんは「作詞された方はちょっとコピペっぽい感じにも見えるし、メーカーの方とか誰かがチェックするべきだったのかなと思う。平さんと同じ世代のスタッフさんだったら、もしかしたら知らない可能性もある。」と結論が出せずに困っているようにも伺えました。

「ぬくもり」収録の「愛・佐世保」の回収決定でヤフオクに出品が続出?アマゾンでも価格が高騰?

「ぬくもり」収録の「愛・佐世保」の定価の1300円(税込)ですが約10倍ほどの価格に高騰しています。

ぬくもり 平浩二 サンプル試聴

【収録楽曲】
1. 愛・佐世保 (作詞・作曲:平浩二/編曲:猪股義周)
2. ぬくもり (作詞:沢久美/作曲:西つよし/編曲:猪股義周)
3. 愛・佐世保 (オリジナル・カラオケ)
4. ぬくもり (オリジナル・カラオケ)
[ボーナストラック]
5. バスストップ

スポンサードリンク
[ad#1]
Wikiより詳しい?平浩二のプロフィール

平浩二

出典:https://www.tkma.co.jp/

本名:平 頼敏(たいら よりとし)
出身地:長崎県佐世保市
出身校:長崎県立佐世保工業高等学校
趣味:ゴルフ、映画鑑賞
特技:柔道初段

県立佐世保工業高校を卒業後、いったん船井電機株式会社に就職し、5ヶ月務めた後、歌手を目指し上京しました。

1969年11月、テイチクレコードから『なぜ泣かす』でデビューしましたが、人気が出る事はなく伸び、1970年3月、『博多ブルース』でで再デビューしました。同年10月、2曲目の『女の意地』が西田佐知子さんとの競作になりヒットしました。

1971年5月5日に公開された日活映画『女の意地』に出演しました。

1972年9月1日に発売された『バス・ストップ』はオリコン最高位11位で大ヒットとなり、その後の『夜明け前』、『名前は暁子』、『冬の駅』とヒットを出しました。

1978年11月、ワーナーミュージック・ジャパンへ移籍しました。

1982年、『バス・ストップ』が明治チョコレートのCMソングに採用され再発売されました。

平 浩二 バス・ストップ

1994年4月、ワコールグッドアップブラCMソング『よせてあげて』発売しました。

2000年7月、芸能生活30周年を記念し初舞台「恋ひとひら」に出演しました。

2005年3月、フリーボードに移籍。

2015年5月13日、徳間ジャパンコミュニケーションズから初の自身作詞作曲によるシングル「愛・佐世保」発売しました。

2015年12月、佐世保観光名誉大使の委嘱を受けました。

2015年12月14日、「愛・佐世保」のカップリング曲「ぬくもり」の歌詞が、Mr.Children(ミスチル)の『抱きしめたい』に酷似していることからCDの出荷を停止して自主回収を決定しました。
※カップリング曲「ぬくもり」の作詞を手掛けたのは沢久美さんで、平浩二さんが作詞していません

(2015年12月時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています