テレビ東京系列『世界ナゼそこに?日本人 〜知られざる波瀾万丈伝〜』では「祝・放送200回!フランスである日本食を広め絶賛される職人」と題して、IT関係の仕事をしていたバリバリのキャリアウーマンから日本では庶民的なお好み焼がフランスで大人気の日本食「OKOMUSU」のオーナー・田淵寛子さんが特集されます。

田淵寛子(お好み焼きOKOMUSU)

出典:https://www.facebook.com/

パートナーとの共同生活において結婚しているのとおなじだけの権利を得られるフランス独自の制度「PACS」で現在シングルマザーとして生後5ヶ月の娘・小春ちゃんを育てながらパリでの人々からも大絶賛されている田淵寛子さんが死をも考えた壮絶な人生ドラマについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

3000万円の借金で始めた日本のお好み焼き「OKOMUSU」の逆転劇はもち米粉だった

 

 

 

WIKIPEDIAより詳しい?田淵寛子のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:

名前
(読み方)
 田淵 寛子
(たぶち ひろこ)
生年月日  1981年4月15日
出身地  大阪府大阪市
血液型  A型
身長  
体重  
出身高校  四天王寺高等学校
出身大学  青山学院大学
営学部経営学科 会計専攻
言語  英語、フランス語、日本語
職業  
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 https://www.facebook.com/
hiroko.tabuchi
Twitter
ツイッター
 @HRK165415
(https://twitter.com/hrk165415)
ブログ  
Instagram
インスタグラム
 
noteノート  Hiroko Okomusu Tabuchi
(https://note.mu/hiroko_okomusu)