TBS系列『消えた天才』では「世界の大谷翔平に勝った同世代の天才たちは今」と題して、アマチュア野球に精通するアンジャッシュ・渡部建も知らなかった2012年の春のセンバツ大会では大谷翔平さんから本塁打を放ち、甲子園で春夏連覇を果たした大阪桐蔭4番打者の田端良基さんの現在が特集されます。

 

同学年で共にプレーしていた阪神タイガース投手の藤浪晋太郎さんからも飛距離、パワー、捉える力と打撃に関しては超一流で全国の高校球児の中で打率1位で天才スラッガーと評されながら野球をやめた理由や年商1億円の会社の経営者になった田端良基さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク