日本テレビ系列『ザ!世界仰天ニュース』では「読み書き困難少年の逆転の発想」と題して、自閉症スペクトラム症の症状の1つに読み書きが困難(読み書き障害)があり、小学生の頃に漢字練習の時間にノートを見せたところ注意され、周りが当たり前にできることが自分にはできなかった鈴木大成さんの困難を乗り越えた方法が明かされます。

 

原因は脳にあった鈴木大成さんですが、じられない方法と努力を重ねて高校競技かるたで最高等級のA級にまでのぼりつめ、高校生の全国大会でベスト8に輝き、大学合格までした鈴木大成さんの自閉症スペクトラム症の1つ読み書き障害の乗り越え方法など当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク