スレイナ(カンボジア少女)現在と職業は?弟と父親に衝撃結末と将来の夢が判明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年5月20日、日本テレビ系列『行列のできる法律相談所』の「あの学校は今どうなっているSP」では、11年前(2007)に先代司会者の島田紳助さんの一言からカンボジア学校建設プロジェクトでトロピアン村にいたスレイナさんと再会して現在の実情が明かされます。

母親が貧しい生活に耐えられなくなった出ていってから父親と弟の面倒を見ながらも「学校に行くこと」が夢だった当時13歳でトロピアン小学校の校章のモデルにもなっているスレイナさんの今後の夢も含めて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています