ソリー・ガノールさんとの出会いで第二次世界大戦においてナチス・ドイツによるユダヤ人の迫害および大虐殺から国外逃亡の手助けをしないようにと日本政府の意向に反して大量にビザを6000人にものぼるユダヤ系難民に発行して日本のシンドラーとよばれた外交官・杉原千畝さんが特集されます。

 

海外の反応は86歳で亡くなった今でも偉大な勇気に称賛の声が絶えず、神奈川県鎌倉市十二所512鎌倉霊園に墓地があり、座右の銘は「自治三訣」で名言を遺すも教科書には載っていないミスター・センポ(杉原千畝)さんや妻・孫・遺産など当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

命のビザを発行し続けた杉原千畝の帰国後に待ち受けていた苦悩とは?

実は、日本のシンドラーとよばれた外交官・杉原千畝さんの功績は何度かテレビドラマ化をされたり、2015年12月5日に唐沢寿明さんが杉原千畝 役を演じた映画『杉原千畝 スギハラチウネ』が公開されています。

2005年10月11日に終戦60年ドラマスペシャルとして読売テレビ制作の『日本のシンドラー杉原千畝物語 六千人の命のビザ』が放送されていました。

終戦60年ドラマスペシャル 2005年10月11日放送分「日本のシンドラー 杉原千畝物語 六千人の命のビザ」

 

 

テレビでは語られることが無かった衝撃の真相