日本テレビ系列『行列のできる法律相談所』では「”今すぐ行きたい!私のとっておきの宿教えます”スペシャル」と題してキャビンやテントは一棟貸切の「東京クラシックキャンプ(TOKYO CLASSIC CAMP)」に白髪を隠さないグレーヘアになったフリーアナウンサーの近藤サトアナがスリランカカレーを紹介します。

 

「東京クラシックキャンプ(TOKYO CLASSIC CAMP)」のバーベキュー(BBQ)セットの〆に出てくるトゥシータ・クラシンハさんがスパイス20種類でカレー粉は一切使っていない岡田将生さんも絶賛したスリランカカレーについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

スリランカカレーを作ったスパイス職人・トゥシータ・クラシンハとはどんな人?

番組に出演したスリランカ出身のトゥシータ・クラシンハさんとは一体どんな人物なのか調べてみると・・・

スパイスをふんだんに使った薬膳鍋やカレーを楽しめる「香辛鍋 香辛」で店内にずらりと並ぶスパイスを自在に操るスリランカ出身のクラシンハ・アラッチゲ・トゥシータ・インデラさんは、16年以上日本に住んでいるスパイス職人でした。

良質なスパイスや紅茶が有名なスリランカで育ったクラシンハ・アラッチゲ・トゥシータ・インデラさんさんは、幼少時からボーイスカウトに所属し、長年インストラクターとしてだけでなく教える側にも立ち、様々なキャンプ料理も作ることができます。

店内にずらりと並ぶスパイスを自在に操るのは、スリランカ出身、在日16年のクラシンハ・アラッチゲ・トゥシータ・インデラさん。スパイスが身近にある環境に育ったのはもちろんのこと、幼少時からボーイスカウトに所属、インストラクターとして長年、教える側にも立ち、様々なキャンプ料理を体得したそうです。

20種類ものスパイスや生薬を使った薬膳鍋やカレーをについて40~50代の美と健康を応援するWebマガジン「OurAge」のフードライター大滝美恵子さんのコラムでクラシンハ・アラッチゲ・トゥシータ・インデラさんが

「スパイスはただ使えばいいのではなく、甘い、しょっぱい、辛い、酸っぱいなどの微妙なバランスが大切です。使い方に絶対的な正解があるわけではなく、経験に基づいた自分の感覚が頼りです」と語っていました。