東京都内で開かれた「2020ミス・ティーン・ジャパン」決勝大会でコンテストを受ける前にも地元を含めて芸能事務所から7~8回スカウトされていた母親が見ている韓国ドラマのセリフを真似しながら独学で韓国語を勉強中の酒井唯菜さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

 

13歳以上17歳以下の女性を対象にした10代のミスコンテスト「2020ミス・ティーン・ジャパン」応募総数4102通から選出された12人のファイナリストの中から愛媛県出身の関西大会代表の大きな瞳が特徴的な高校2年生・酒井唯菜さんがグランプリに輝きました。

スポンサードリンク