TBSテレビ『消えた天才』では、ずば抜けた選球眼から1982年ドラフト2位で1年目で一軍出場2試合目に7番先発の起用からプロ第一号本塁打で飾り打点王、大谷翔平よりも早くメジャーリーグに衝撃を与えた悲劇の天才であだ名が”獣吉”こと斉藤浩行さんが消えた真相と現在を追跡。

 

赤ヘル軍団の黄金期の中で1984年10月31日に開催された日米野球第4戦ボルティモア・オリオールズとの試合で本塁打を放ち、球界を代表するホームランバッターとして注目されるも表舞台から消えた理由「○○は打てるけど○○は打てなかった」斉藤浩行さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク