仲宗根梨乃アナザースカイでダンスの聖地ロスへ,世界に誇れるエンターテイナーを誓う

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本テレビ系列『another sky-アナザースカイ-』では、ジャネット・ジャクソン、ブリトニー・スピアーズ、ジャスティン・ビーバーなど、名だたるアーティストから声がかかり、少女時代の振付師として世界へ名を知らしめたダンサー仲宗根梨乃さんが出演。

仲宗根梨乃1

出典:https://news.mynavi.jp/

長年暮らしたロサンゼルスで仲宗根梨乃さんの素顔や小学生の頃から憧れたマイケル・ジャクソン縁の地で魂のパフォーマンスやダンスの道へと導いた大スターとの感動エピソードを含めて仲宗根梨乃さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

WIKIPEDIAより詳しい?仲宗根梨乃のプロフィールと経歴・学歴(1/2)

仲宗根梨乃

出典:https://ja-jp.facebook.com/
RINO-Nakasone-215321718500330/

名前
(読み方)
 仲宗根 梨乃
(なかそね りの)
別名  リノ・ナカソネ・ラザラン(Rino Nakasone Razalan)、MUSIC*
生年月日  1979年6月11日
出身地  沖縄県那覇市
血液型  A型
身長  
体重  
スリーサイズ  
カップサイズ  
出身高校  沖縄県立那覇商業高等学校
出身大学  サンタモニカ大学
 コスメトロジー(美容術)専攻
職業  ダンサー、コレオグラファー(振付)
モデル、歌手
事務所  Sony Music Artists(日本)
 S.M. Entertainment(韓国)
 Go2Talents(USA)
SNS・ブログ
ホームページ  Rino Nakasone Official site
(http://rinonakasone.com/)
Facebook
 https://ja-jp.facebook.com/RINO-Nakasone
-215321718500330/
Twitter
ツイッター
 @RinOkinawa
(https://twitter.com/RinOkinawa)
ブログ  仲宗根梨乃 公式ブログ Powered by LINE
(https://lineblog.me/nakasonerino/)
Instagram
インスタグラム
 rinokinawa
(https://www.instagram.com/rinokinawa/)

※スカパンクバンド「ノー・ダウト」のボーカリストでもあるグウェン・ルネイ・ステファニー(Gwen Renée Stefani)がソロ活動に取り組んでいた時期にステージ・ショーやミュージック・ビデオに起用していた「原宿ガールズ」に”MUSIC”という役名で参加

原宿ガールズ

出典:https://japonica.ldblog.jp/

安室奈美恵さんとMAXの源流のグループ「SUPER MONKEY’S」に在籍していた仲宗根梨乃さんは、同姓同名の別人です。

マイケル・ジャクソン、アンソニー・トーマス、ティナ・ランドン、マイケル・ピータースなどのダンサーに影響を受けた仲宗根梨乃さんの経歴について紐解いてみましょう。

幼い頃からマイケル・ジャクソンとジャネット・ジャクソンが好きで、自分も将来エンターテイナーになる事を夢みていましたが、小学5年生の時にマイケル・ジャクソンが出演する映画『ムーンウォーカー』に出会う。

中学2年生でマイケル・ジャクソンのコンサート『デンジャラス・ツアー』を観て「マイケルのようなエンターテイナーになる!」と心に決め進路を固めました。
※いつかポンキッキーに出たいとも思っていたそうです

高校卒業後、19歳(1998年)で大好きなマイケル・ジャクソンに近づきたい一心で渡米しました。サンタモニカ大学に在籍しながらダンスのクラスに通ううちにオーディションを受けるようになり、ダンサーとしてステージに立つようになりました。また、友人に頼まれてダンスを教え始め、クラスで教えるために必要に迫られて振付も始めたそうです。

アメリカのダンス界で仕事をするにはオーディションを受けるのが基本のようで、20代はどんなオーディションも片っ端から受け、ジャネット・ジャクソンのダンサーオーディションに合格したのが大きな転機となり活動規模が広がりました。
※ジャネット・ジャクソンのダンサーオーディションに合格した2004年はビザの有効期限が切れる寸前だったそうですが、ジャネット・ジャクソンの尽力で新しいビザが発給されたそうです

同時期にブリトニー・スピアーズのワールドツアーのオファーを受け、ジャネット・ジャクソン側から、今後のキャリアのためには、ブリトニー・スピアーズのワールドツアー「オニキス・ホテル・ツアー」に是非行くべきとのアドバイスからツアーに参加しました。

グウェン・ルネイ・ステファニー(Gwen Renée Stefani)のライブツアー「Harajuku Lovers Tour 2005」のバック・ダンサーとして同行しました。

仲宗根梨乃さんが踊っている映像を生徒の一人がYouTube(ユー・チューブ)にアップし、韓国のアイドルグループ「SHINee(シャイニー)」の関係者が目に留めてくれたのがきっかけで2008年5月に、韓国の男性グループSHINeeのデビュー・シングル「お姉さんは本当にきれい(Replay)」で振付師としてデビューを果たしました。
※これをきっかけに、多くのK-POPアーティストの振付と担当するようになりました

実はバツイチだった?少女時代のシングル「GENIE(ジニー)」のダンステクニックとは?続きはPages2へ

WIKIPEDIAより詳しい?仲宗根梨乃のプロフィールと経歴・学歴(2/2)

2007年7月6日、開業医を父に持つフィリピン系2世のリー・ラザランと結婚しました。
※2012年5月に離婚

2009年には、韓国の女性アイドルグループ・少女時代のシングル「GENIE(ジニー)」の振付を行い、彼女らの長い脚を生かした美脚ダンスが話題になりました。その後、日本や台湾・中国など、アジアでの活動も開始することに。

2009年、アメリカの若者向けのケーブルテレビ・チャンネルMTVで放送されている「America’s Best Dance Crew(アメリカズ ベスト ダンス クルー)」シーズン3に、女性ダンスグループ『Beat Freaks』の一員として出演し、準優勝しました。

2010年、アメリカのポップガールズグループ(プッシーキャット・ドールズ(The Pussycat Dolls))に一時的に加入していました。

2012年からは、日本での番組出演を始め、AKB48やSMAPのLIVE楽曲や宮本亜門演出のミュージカル「WIZ」の振付を担当したり、地元沖縄にてオリオンビール「サザンスター」CM振付と仲宗根梨乃さん自身も出演を果たしました。 

2013年、Disney映画「オズ はじまりの戦い」ジャパンプレミアにて演出・出演、本邦初のストリートダンス舞台「ASTERISK」2年連続出演を果たしました。

イギリス、アメリカで数多くの有名アーティストを輩出し、3億5000万人の視聴者がいる世界的オーディション番組「Xファクター」の日本版「X FACTOR OKINAWA JAPAN」にて2013年10月19日から半年間、審査員を担当しました。

スポンサードリンク
[ad#1]

2014年3月31日から5月26日の間、NHK Eテレ「趣味Do楽 仲宗根梨乃の美楽(ミラ)クール ダンス!」で講師を務めたり、BoAのコンサート総合演出も担当しました。

世界で話題のフィットネス・トレーニングが毎日体験できる施設「Reebok FITNESS BATTLE CLUB(リーボック フィットネス バトルクラブ)」が2016年2月10日から3月27日の期間限定でオープンし、2016年3月12日に仲宗根梨乃さんのワークショップが開催されました。

RINO NAKASONE 仲宗根梨乃 리노 나카소네

現在は、ロサンゼルスを拠点に世界各国で活動し、2011年より本格的に日本へと活動の場を広げて活躍しています。

2009年7月から2010年3月までの50公演が予定されていたマイケル・ジャクソンのコンサート「THIS IS IT」のオーディションに男としても女としても受け、両方とも最終まで残り、最終日に女性として受けたが最終審査で落ちたことを2016年5月20日に放送された『アナザースカイ』で語っていた。

(2016年3月時点)

 

単身渡米の心境や「BEAT FREAKS」メンバーからの評価をアナザースカイで公開

1999年に結成されたダンスチーム「Beat Freaks」に2001年から仲宗根梨乃さんが加入。

ダンスチーム「Beat Freaks」は、各々がソロで活躍しているプロダンサーの集まりでMTVのAmerican’s Best Dance Crewで全米準優勝し、ジャスティン・ビーバー、LMFAO、Dirty Moneyなどの作品にも参加。

アナザースカイのインタビューでダンスチーム「Beat Freaks」のメンバーから「忍者」と呼ばれており、仲宗根梨乃さんのダンスには真似できない華があり、今まで見てきた中で最高のパフォーマーと評されていました。

帰ってくる度にピースフルな気持ちになれる場所が、4年ほど住んでいた「ビーチ・シティーズ」の1つであるレドンド・ビーチで、仲宗根梨乃さん行きつけのカフェ「CREME DE LA CREPE」ではオムレツ・ベーコン スイスチーズにアボカド添えを注文するそうです。

インタビューでピースフルな気持ちになれる場所レドンド・ビーチで仲宗根梨乃さんは

単身渡米する事に対して恐怖が一切なく、(アメリカに)行かない事の方が恐怖だった

10年先の想像よりも私は画面の中で踊ってる自分とかアクティブ的な想像を常にして夢だけ見て踊り続けた

今は比べ立ちする自分もいますけど若い時は本当 自分の道でしたね

オーディションは片っ端から受けたし 受からなかったら「NO」とかいうよりは「今日も無料でクラス受けれたね」みたいな楽しい感じで嫌な事もプラスに思えた

若い時の自分に今ちょっと感動している

と、振り返っていたインタビューが印象的でした。

ダンスだけでなく色んな事をやりたいと友人と話をしていた中でハリウッド映画に出たいという話をした事をアナザースカイのインタビューで話していた仲宗根梨乃さん。

「お芝居一本の人が聞いたら「あ?」と思うかもしれないので誤解は招きたくはないんですけれども 昔のハリウッドスターは歌唱・演技・ダンスの3大要素(Triple thereat)を持ち合わせているように・・・」

と、自分の持っている最大の武器「ダンス」を活かして最高のエンターテイナーという肩書きの表現者として踊り続けると語られていました。

余談ですが、アメリカでは「J-walk (Jay walk)」という歩行者が交差点や信号を無視して道路を横断することが違反で切符を切られ、州により金額は違うようですが、日本の駐車禁止違反(駐禁)の罰金ぐらい徴収されることも。

最後に仲宗根梨乃さんの愛犬のマーチンとガッチャンの写真で締めくくりたいと思います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています