関西テレビ制作・フジテレビ系列『有吉弘行のダレトク!?』の人気企画「没メニューレストラン」では、自身も長崎ちゃんぽんを食べて育ったリンガーハット営業戦略部部長の堀江純平さんが没メニューにした4品の中から1品が復活します。

 

商品開発チームの宮内伸吾さんと武田麻莉子さんが考案した渾身のメニュー「ブラックちゃんぽん」「サムライまぜめん」「スイートマンゴー皿うどん」「ぎょうざちゃんぽん」や堀江部長の没メニュー理由について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

営業戦略部部長の堀江純平が渋るリンガーハット没メニュー4品とは

リンガーハット没メニュー1品目 ブラックちゃんぽん

 

リンガーハット没メニュー2品目 サムライまぜめん

 

リンガーハット没メニュー3品目 スイートマンゴー皿うどん

 

リンガーハット没メニュー4品目 ぎょうざちゃんぽん

 

 

リンガーハット没メニューの考案した商品開発チームの宮内伸吾と武田麻莉子はどんな人?

商品開発チームの宮内伸吾

リンガーハット営業戦略部部長の堀江純平さんに没メニューにされた理由にガチ?で怒っていた商品開発チームの宮内伸吾さんが一体どんな人なのか調べてみると・・・。

厚生労働省が運営している「多様な人材活用で輝く企業応援サイト」のパートや契約社員など非正規雇用の労働者について、正社員への転換、処遇の改善、人材育成などの取り組みを積極的に行っている企業の事例①で紹介されていました。

福岡県福岡市出身で福岡舞鶴高等学校2年生から九州の株式会社リンガーハットでアルバイトを始めて6年目にはAMランク(店長代理レベル)まで昇格。

AMランク(店長代理レベル)昇格後3年間程で会社から正社員の誘いがありましたが、正社員になることの不安や家業との兼ね合いなどで躊躇したそうですが、転勤なしで自宅から通える範囲での勤務ができるエリア社員になりました。

その後もエリア社員から店長に任命され、1年後には3店舗の店長を兼任だけでなく、九州で一番の店舗売上を達成するなど確実に成果を上げたことでかつての上司であった現執行役員からの声かかりでナショナル社員に転換。

ナショナル社員になった現在は、マーケティング・商品開発の担当に専念している。

経歴をみると執行役員候補になれるのではにかという成果を出しながら昇格しており、Facebookでは子供と一緒に写った写真があったので結婚模しているようです。