日本テレビ系列『グレートコネクション』では、東京・広尾での街頭インタビューからグレート(=スゴイ)なコネクション(人脈・コネ)をたどって調査期間50日かけた結果「インドネシア超高層ホテルに住むイケメン大富豪がテレビ初解禁連発」に成功しました。

 

1人目の北海道千歳市東丘にある競走馬の生産牧場「社台ファーム」グループ創業一族のご令嬢・37歳・堀祥子さんが紹介した大学の同級生で母親が日本人のハーフセレブのレイノ・ラマプトゥラ・バラックさんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

メディア王・レイノ・ラマプトゥラ・バラックを紹介した「社台ファーム」グループ創業一族のご令嬢は

田園調布・広尾から風まかせで番組スタッフがコネクションをつなげるために57人目に声をかけたのは、仕事の関係で北海道千歳市と東京・広尾を行き来している37歳・堀祥子さん。

北海道千歳市にある実家は、玄関の扉は自動扉で敷地内が広すぎてゴルフカートで移動しています。敷地面積は東京ドーム62個分も所有しており、北海道千歳市東丘にある競走馬の生産牧場「社台ファーム」グループ創業一族のご令嬢でした。

伝説の名馬ディープインパクトやハーツクライを輩出しています。2006年12月25日に引退したディープインパクトにバラエティ番組では初出演。
※伝説の名馬ディープインパクトは獲得賞金 14億5455万1000円

ディープインパクトは、現在24時間専用のガードマンに守られながら種付け専門の種牡馬として受胎に成功すると今年の場合は4000万円で大体150頭が受胎に成功することから引退後、年間60億円稼いでいる。

1人目のグレートさんとして番組で決定されたNo.1競走馬牧場のご令嬢 37歳・堀祥子さんが次に紹介してもらったグレートさんは、大学の同級生の日本人ハーフのセレブ・レイノくんことレイノ・ラマプトゥラ・バラックさんでした。

37歳・堀祥子さんの大学の同級生の母親が日本人でハーフセレブのレイノ・ラマプトゥラ・バラックさんに会うためにインドネシア・ジャカルタに出発。

 

メディア王のレイノ・ラマプトゥラ・バラックはどんな人?

急激な経済発展で20年後には世界有数の都市に目されているインドネシア・ジャカルタにある高さ225mの超高層ビルの最上階でインドネシアを展望できる660㎡の広さでリビングが3つもある部屋に住んでいました。

父親のロサノさんと母親のレイコさんの名前の一部からとって「レイノ」と名付けられたそうです。

ハーフセレブのレイノ・ラマプトゥラ・バラックさんの仕事は、METROTV、GTV、MNC、RCTIの合計4軒のテレビ局を経営している桁違いのメディア王で番組スタッフが入った高さ225mの超高層ビルも、実は所有者でした。

テレビ局内も紹介され、METROTVのエースアナウンサーのアンデーネさんはとても美人な方でした。どのテレビ局も綺麗な女子アナはいるようですね。