嵐(らん)ヨシユキ(横浜銀蝿)の横浜城の番組が酷い?借金 脳梗塞を乗り越え翔と共に復活?【有吉反省会】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

借金が7億という噂は本当?

1983年12月31日、「THE CRAZY RIDER 横浜銀蝿 ROLLING SPECIAL」の解散後、事務所を引き継いで、弟である翔さんのマネジメントを中心に経営を始めましたが、株の投資に失敗で1億円の負債を抱えてしまったそうです。

嵐ヨシユキさんは、経営の立て直そうとしましたが、負債は7億にふくれあがってしまったそうです。途方にくれていた時に実弟・翔さんが事件を起こしました。

実弟・翔が3度 覚せい剤で逮捕

1997年2月27日、知人女性からの通報にされ覚せい剤取締法違反で逮捕。しかし、尿検査は陰性、薬物も持っていなかったため不起訴処分でした。

嵐ヨシユキさんは記者会見を開き、「横浜銀蝿時代に覚せい剤撲滅を訴えていた弟が、手を出すはずがない」と翔さんをかばい続け無罪を訴え、翔さんも完全無罪を主張しました。

1998年1月1日、横浜銀蝿として再結成。

1998年9月、覚せい剤取締法違反の罪で再び逮捕され、1年4ヶ月の実刑判決となりました。世間からは、大バッシングを受けました。嵐ヨシユキさんは、翔さんを見捨てることなく、出所後、音楽で社会復帰させようと翔さんのために、必死の営業活動を行い続けました。

CD発売日の前日の2003年4月24日、覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕され、1年10ヶ月の実刑判決をうけました。逮捕の5日後、嵐ヨシユキさんは頭を丸めトレードマークの髭を剃り、謝罪会見をを行いました。

ファンからは非難の手紙が殺到、15,000人いたファンが、一気に150人になったそうです。自宅には連日マスコミが殺到し、奥さんとの喧嘩が絶えず離婚することに。

さらに嵐ヨシユキさんに悲劇が起こりました。

スポンサードリンク
[ad#1]

嵐ヨシユキが小脳梗塞で倒れて緊急手術のその後は?

2004年4月24日に2回目の発作に襲われ、1日置いて詰まったところの血管がさらに破れて梗塞後出血を引き起こしたそうです。26日の早朝から梗塞後出血を起こし、ろれつが回らなくなり、頭痛や嘔吐などの新たな症状が出現し呼吸停止に陥った為、小脳の半分を切除する6時間に及ぶ緊急手術を行いました。

刑務所内で、翔さんは実兄・嵐ヨシユキさんが倒れたことを知り、やっと周りの人の人生を狂わせていたことに気付いたそうです。
※2004年12月9日に仮釈放しました
23歳年下の女性、嵐ヨシユキさんの事務所スタッフで、嵐さんのリハビリをいつも支えていたそうです。2012年10月嵐ヨシユキさん彼女と再婚しているそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています