ラロン型低身長症はガンにならない超特殊DNA?ピーニャス市(エクアドル)でゲバラ医師が発見?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年2月15日、日本テレビ系列『ザ!世界仰天ニュース』では「DNAでとんでもないことが起きたスペシャル」をテーマに1985年頃にエクアドルの首都キトから500kmほど離れたピーニャスという人口およそ2万人の標高2000メートルの山に囲まれた小さな町に身長が110cmほどしかないことに悩んでいるとゲバラ医師に調査を依頼された内容が特集されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています