ペニーパターソン(ゴリラ研究家)の現在,ココと忘れられない会話とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本テレビ『衝撃のアノ人に会ってみた! 2時間SP』では、1972年に手話を教え始めてから手話を使い人間との会話に成功し、人を愛し、猫を愛した手話で異種間コミュニケーションと共感の象徴で話題になったメスのローランドゴリラで”ココ(KOKO)”の研究家で動物心理学者のフランシーヌ・ペニー・パターソンさんが出演。

1979年にスタンフォード大学で「ローランドゴリラの言語能力 (Linguistic Capabilities of a Lowland Gorilla)」という論文で博士号 (Ph.D.) を取得したフランシーヌ・ペニー・パターソンさんの現在やプロフィールについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています