梶本修身先生は疲労研究のスペシャリスト!疲労回復物質FRで夏バテ対策?【みんなの家庭の医学】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏バテしやすい人は、疲労回復物質FRの働きが弱まっていたからだそうです。疲労研究のスペシャリスト、梶本修身先生(大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座特任教授)によれば体内のある物資が夏バテと密接に関係しているそうです。

 みんなの家庭の医学

出典:https://asahi.co.jp/

2015年8月11日に放送されたABC朝日放送『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』で夏の冷え性夏バテに関する様々な新原因を4人の名医が「夏の不調の新原因」を一挙公開するようなのでそのうちの1人を当たり障りなく紹介してみたいと思います。

夏バテになると身体のだるさ、食欲不振、疲れが取れない…などの症状を起こしてしまいます。一口に夏バテといってもその原因は様々です。夏バテしやすい人は、疲労回復物質”FR”の働きが弱まっていたからだそうです。それを提唱している疲労研究のスペシャリストが

梶本修身先生(大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座特任教授

梶本修身先生

出典:https://asahi.co.jp/

1962年生まれ。専門は、臨床精神生理学、医用統計学。1999年から2005年まで文部科学省「疲労と疲労感に関する分子神経メカニズム研究班」において疲労の定量化技術の開発に携わり、2003年から「産官学疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」ではプロジェクト責任者を務めている。

2015年8月に東京都港区新橋1-15-7NFビル3階に、「東京疲労・睡眠クリニック」開設し、院長就任。

【経歴】

1994年3月   大阪大学 大学院 医学研究科 博士課程修了(医学博士)

1994年7月   有限会社総合医科学研究所 代表取締役就任

1997年6月   同社退社

1997年7月   大阪外国語大学 保健管理センター講師

1999年12月 大阪外国語大学 保健管理センター助教授

2002年12月 株式会社総医研ホールディングス 取締役(非常勤)兼任(現在)

2004年4月   大阪市立大学 医学部 客員助教授

2005年11月 大阪大学 大学院 医学系研究科 招へい助教授(現任)

2007年5月   大阪市立大学大学院医学研究科COE生体情報解析学講座教授

2010年5月   大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座教授

疲れは脳が発する危険信号であると最新の研究で分かっています。まずは疲労について理解を深めてみましょう。

疲労とは?疲労が老化を加速させる?

人が動いたり考えたり等、生命活動を行おうとした場合に酸素を消費するのはご存じだと思います。その酸素を消費した時に活性酸素が発生します。この活性酸素は普段はすぐに無くなるのですが、大量に発生すると処理しきれなくなります。

処理しきれない活性酸素が体内の細胞を傷つけ酸化させサビたような状態になり機能低下を起こします。つまり「疲労とは細胞が活性酸素で酸化(サビ)て一時的に傷つくことで機能低下を起こす」ということです。

実は、疲労も老化も活性酸素による細胞の攻撃によって起こされるというメカニズムはまったく同じで、活性酸素が細胞を酸化(サビ)させ、一時的に傷つけてしまうのが疲労、そして細胞の傷が癒されないまま傷跡を残した状態が老化というわけです。

疲労が回復できずにずっと続くことは老化を加速させてしまうということにつながるため、疲労しないよう心がけることが最高の老化予防法にもなるということですね。

夏バテ対策には疲労回復物質”FR”を増やすといい?

細胞が活性酸素で酸化(サビ)て一時的に傷つくことで機能低下を起こすと発生するのが疲労因子”FF”です。その発生が脳に伝わり「疲れた」と感じるといわれています。疲労因子”FF”の正式名称は「Fatigue Factor:ファティーグ・ファクター」といいます。

疲労の研究は、1998年に厚生労働省が行った疫学調査の結果がきっかけとなり、現在も国家レベルで進められています。疲労因子”FF”の存在は、東京慈恵医科大学教授・近藤一博氏の研究グループが、2008年9月4日に沖縄県名護市で開催された国際疲労学会にて、初めて世間に発表されました。

そして、2011年1月に疲労因子”FF”打ち消す働きがある疲労回復物質”FR”が発見されました。この存在により研究が進み、新たな予防・解消法が生まれてきているわけです。

体内で疲労因子”FF”が増えると、傷ついた細胞の修復を促す働きがある疲労回復物質”FR”が発生し疲れを回復させようにできていることが明らかになってきました。それではその疲労回復物質”FR”について紹介してみたいと思います。

【補足】

乳酸=疲労と思いがちかもしれませんが、2004年のScience誌に掲載された論文で乳酸は疲労を起こす物質ではなく、むしろ疲労を軽減させている物質であることが判明しています。

無酸素運動を行うと血液中に乳酸が増えるのは事実ですが、「乳酸が増える」=「体が疲れる」ではなく、むしろ乳酸は「細胞の疲弊を保護する」働きがあり、疲労回復のエネルギーとして利用されているとわかってきています。

疲労回復物質”FR”とは?

傷ついた細胞の修復を促す働きがある労回復物質”FR”とは正式名称は「Fatigue Recovery Factor:ファティーグ・リカバリー・ファクター」といいます。体内で疲労因子”FF”が増えると、呼応するように疲労回復物質”FR”が現れるそうです。傷つけられた細胞の修復を促す働きがあります。

翌日に疲れが残る人とあまり残らない人がいる差は、この疲労回復物質”FR”の反応性に関係があるということで、反応性が高い人は疲れが残りづらく、低い人は疲れが残りやすいといえます。

つまり、疲労回復物質”FR”の反応性を高めることができれば、疲れの残りづらい体になることができるということですね。40歳以降は、疲労回復物質”FR”がだんだんと低下してくるそうです。

スポンサードリンク
[ad#1]

食事やライフスタイルなどの生活習慣を変えることで疲労回復物質”FR”の反応性を高めることはできるということで、当たり障りなくまとめてみたいと思います。

究極の抗疲労物質「イミダゾールジペプチド(別名:イミダペプチドイミダゾールペプチド)

イミダゾールペプチドとはタンパク質の一種で、疲労を回復させることが医学的に証明された物質だそうです。「カルノシン」と「アンセリン」のアミノ酸が結合した総称です。実は、この成分の発見は意外と古く、1900年までさかのぼるそうです。最初はほ乳類の骨格筋中で発見され、その後も様々な種類の脊椎動物でも発見されました。

渡り鳥を祖先に持つガチョウの骨格筋中に豊富に含まれていることが分かっています。中でもイミダゾールジペプチドの濃度が高かったのは、羽を動かす胸肉の部分です。渡り鳥やマグロ、カツオ、カジキなどの回遊魚、 長時間連続した運動を必要とする生物の筋肉組織に多く含まれているようです。

疲労改善のために必要なイミダゾールペプチドの量は1日200mgで、

 【目安】
ニワトリの場合は胸肉を約100g
マグロやカツオやカジキなどの場合は赤身や尾ひれを1日約200g
※カジキやマグロなどの大型魚を食べる場合、妊娠中・授乳中の人は医師に相談してください
牛肉の場合は400g以上
※たんぱく質・脂質の取りすぎで、肥満や生活習慣病を招く危険性があります

食べれば200mgのイミダゾールジペプチドが摂取でき、長期にわたって摂取しても問題がないことも確かめられています。また、摂取することで運動後の疲労が素早く回復することも確認されているようです。

さらに、ビタミンCと一緒に取ると疲労を2倍早く解消できることがわかっているので、一緒に取るといいそうです。できれば朝など疲れる作業をする前に摂取することがコツのようです。とは言っても毎日食べるのは正直、しんどいと思います。今では、イミダペプチド名前でサプリメントやドリンクも販売されています。

疲労度は唾液検査でわかる?

これまでなかなか疲労の度合いを数値化することができていませんでした。今では、疲労の原因、疲労の重症度を科学的に唾液検査をすることで測定することができます。

唾液中のヒトヘルペスウィルス(HHV)6・7型のDNA量を測定します。ヘルペスウィルスは、日本人ならほぼ100%の方が体内に保有しているそうです。

健康な状態の時は、ヒトヘルペスウィルスも体内で平穏に過ごしているのですが、慢性的に疲れきった状態や病気によって身体が弱ると、ヘルペスウィルスは真っ先に健康な他の人に逃げだそうと皮膚や唾液に出てくる特性があります。

何故かと言うと宿主(人間)が弱ってしまうと生息していくに当たってとても不利になり、最悪死んでしまおうものなら自分(ヒトヘルペスウイルス自身)も「共倒れ」にはなりたくないために唾液に集まります。

唾液というのは、しゃべったり、くしゃみをしたりする際に口から飛び出しやすいため、体の外に出て新たな宿主(人間)に寄生します。
※唾液ではなく、唇の周りの皮膚にもよく集まるそうです。口周りに向かって脱出をはかっているということです。

ヒトヘルペスウイルスは10万(copies/ml)までであれば正常範囲だそうです。

疲労回復物質”FR”を増やすにはもっとも効果的なのは睡眠?続きは次へ

自律神経について少し理解を深めてから睡眠について説明していきたいと思います。

神経系とは?(神経系の仕組みと分類)※この項目は飛ばし読みでも構いません

神経系の仕組み

出典:https://kusuri-jouhou.com/

人間は約60兆個の細胞で構成されています。これら細胞が存在していたとしても互いに連結していなければ意味がありません。そこで情報伝達の役割をするのが神経系です。

この神経系により、さまざまな事を実行することが可能になります。例えば、物を見るや痛みを感じるなどは、信号(シグナル)として神経系を伝わることで脳が感知するので、映像として感知できたり、ズキズキやズキンズキンと痛みを感じることができます。手や足に力を入れるなどの指令も神経系を伝わることで可能なのです。

神経系は神経細胞がたくさん繋がることで、神経を形成しています。脳は1000億以上の神経細胞が密に形成することで複雑な回路を形成しているため、脳の障害が起こればできることが出来ないという症状が顕著に現れるのもそのためです。

神経細胞と神経細胞との間には隙間があります。隙間があるため、そのままの状態では信号(シグナル)が伝わらないため、神経細胞と神経細胞との情報伝達を行うための物質が必要になります。このような物質を神経伝達物質と言います。

例えば運動などで興奮した時には、アドレナリンという神経伝達物質が分泌されます。その逆に体を休めている時に活発に分泌されるアセチルコリンなどがあり、神経伝達物質にも様々な種類があり、それぞれ役割が異なります。

上記の画像の通りに神経系はいくつかの種類に分けることができます。神経系において最初の分類分けでは中枢神経末梢神経です。

中枢神経は脳と脊髄のことを指します。中枢の意味は「中心となる大切な部分」です。脳は物事を考えたり指令を出したりする司令塔としての役割を果たしているため、体の中枢を担っている脳と脊髄を併せて中枢神経ということになります。

末梢神経は「中枢神経以外の神経系」を指します。つまり脳や脊髄以外の神経全て含めて末梢神経ということです。中枢神経からの命令を全身に伝える末梢神経は、さらに2つに分けられます。

末梢神経を分けると、自分の意思で動かすことが可能である体性神経と自分の意思では動かせない自律神経です。それでは、睡眠と疲労回復物質”FR”の話に戻りたいと思います。

スポンサードリンク
[ad#1]

自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っている?

自律神経は交感神経と副交感神経という正反対のはたらきをする2つの神経がシーソーのように交互にはたらきます。つまり、交感神経と副交感神経は同時には、はたらきません。

昼間は交感神経がはたらいて、活動しやすい状態。夜間は副交感神経がはたらいて、昼間の活動での疲労やダメージを回復するという役割で健康、生命維持をしています。

【交感神経】・・・活動・緊張・ストレスの神経

交感神経がはたらくのは、活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時。主に、昼間の活動中は交感神経がはたらいています。まわりの状況に応じて、すばやく反応して行動できる状態です。また、緊張やストレスを感じている時も交感神経がはたらいています。

※交感神経にも弱い強いがあります。

仕事の環境ひとつとっても「楽しく上司や仲間と仕事をしている人」と比べると「苦手な上司や仲間とプレッシャーにかこまれて仕事をしている人」は交感神経ばかりがはたらく毎日となり、自律神経のバランスの乱れは大きくなりやすい。

【副交感神経】・・・修復・休息・リラックスの神経

副交感神経がはたらくのは、リラックスしている時、ねむっている時、体を回復している時。主に夜の睡眠中、入浴中、食事をしている時などです。マッサージされて眠くなっている状態も副交感神経がはたらいています。

副交感神経がはたらく時間が短ければ、体がじゅうぶん回復できずに、疲れがとれない、体が重たい、目覚めが悪い、肩や首がこる、めまい、微熱など、さまざまな不調があらわれてきます。

要するに交感神経と副交感神経は、体の同じ器官に対して正反対のはたらきをすることで、体の機能を調節していることになります。睡眠不足は副交感神経のはたらく時間を短くすることになるので疲れはとれないのも納得がいきます。

番組では、副交感神経を優位にする方法として『1人になる時間を作る』、『クラシック音楽を聴く』が紹介されていました。

交感神経と副交感神経

出典:https://genki-go.com/

いびきで疲労回復の決め手の質の高い睡眠ができない?

呼吸は、通常でもかなりの運動負荷になっているのですが、いびきをかいている状態では気道が狭小化しているため、肺に空気(酸素)を入れるのはさらにエネルギー負荷がかかります。(いびきがひどい場合、通常の10倍の労力を要することもあると海外で報告があるそうです)

いびきをかくことで酸素量が減り、心拍数が上昇し、交感神経が優位になるため、「副交感神経のはたらきが弱まる=疲労回復物質”FR”のはたらきが弱まる」ので、疲れがとれずに夏バテに陥りやすいという悪循環になります。

睡眠中の呼吸負荷を画期的に軽減してくれるものを番組では紹介していました。

大阪市立大学医学部疲労医学教室で開発した「疲労回復CPAP」

疲労回復CPAP

出典:疲労クリニック.com

CACP(シーパップ)とは、Continuous Positive Airway Pressureの略で日本語では「経鼻的持続陽圧呼吸療法」と言うそうです。CACPの優れている点は、装着して眠った一日目からいびきが軽減されるそうです。

エアチューブと鼻マスクを介して適当な圧を加えた空気を鼻から気道へ送り込み、気道を押し広げて気道の通りを良くするものです。また、空気を押し込むことで空気を吸う動作を楽にしてくれます。睡眠時無呼吸症候群では100%の有効率を特長とし、睡眠効率を上げることで慢性疲労を劇的に改善することが知られています。ただ、従来のCPAPは、重度(AHIが20以上)の睡眠時無呼吸症候群の患者を対象としたプログラムになっており、いびきをかきやすいながらも無呼吸ではない慢性疲労の方には別の制御が必要でした。そこで、大阪市立大学医学部疲労医学教室は、(株)インフォメディックスの協力により、いびきをかきやすい健常者を対象とした「疲労回復CPAP」の開発を行ってきました。疲労回復CPAPは、睡眠時の呼吸負荷を軽減し睡眠時の疲労回復を促すよう、空気圧の変動をあなたの呼吸状態に応じてプログラミングすることで、呼吸数や呼気と吸気のタイミングを自動調整するようアルゴリズムが制御されています。
疲労クリニック.comから引用

【補足】

睡眠時無呼吸症候群(SAS)のもっとも重要な治療法としてCPAPは第一選択枝として広く行われています。今回紹介された「疲労回復CPAP」は、臨床研究を除き、一般臨床では東京疲労・睡眠クリニックのみで利用可能のようです。

いびきは3つの舌の体操で改善できる?より良い睡眠環境を作るのは?続きは次へ

九州歯科大学 生体機能学講座 老年障害者歯科学分野 教授 柿木保明先生がすすめる3つ舌の体操

いびき改善の簡単な舌の体操が紹介されました。教えてくれたのは、いびきに詳しい舌診断評論家でもあり九州歯科大学 生体機能学講座 老年障害者歯科学分野 教授、副学長、附属病院長の柿木保明先生です。(2015年8月現在)

起きている時は、上気道は喉の筋肉で支えられているため、空気抵抗を受ける事はありません。いびきは、睡眠中に上気道(喉)が狭くなり、空気が通るとき喉の粘膜が振動して音が鳴ります。

息を吸ったときに喉の狭い部分は吸い寄せられて、いっそう狭くなるため、吸ったときにいびきをかくのが普通です。
※息を吐く時にもいびきをかく場合は「往復いびき」といいます

特に「疲れているとき」、「お酒を飲んだとき」、「睡眠薬を飲んだとき」に舌の筋力が脱力し、喉をふさぐことから起こります。

また、肥満(ノドの周囲に脂肪が沈着)、あごが小さい、あごがひっ込んでいる、扁桃腺やアデノイドが大きい、鼻づまりがある場合にいびきはかきやすいようです。

今回紹介された3つの体操によって舌が鍛えられ、いびきの回数が減ったり、いびきの音が少なくなったりする効果が期待できるそうです。

【1つ目】 舌を10秒間思い切り前に出す
【2つ目】 舌を上あごに吸い付くように当て10秒間、口をしっかり閉じる
【3つ目】 口を真一文字にしっかり閉じ、10秒間手であごを強めに押す

【補足】

いびきは喉だけが原因だけではないようです。病気で鼻の分泌物が多くなったり、逆に鼻の分泌物が少なくなって乾燥して空気抵抗が大きくなることでも、いびきをかくことがあるそうです。

自律神経に優しい環境をつくろう!

動物の生命活動には概ね1日周期のリズムがあります。朝起きて、食事をして、というようなリズムの他、体温やホルモン分泌など、生命維持に関することも時間帯に応じて変化しています。その1日のリズムを、「サーカディアンリズム」といいます。

自然環境では常にゆらいでいますから、動物はそれに合わせた本能を持ち、サーカディアンリズムも自然に同調するように調整されています。

しかし、現代の生活では、温度も湿度も明るさも一定の場所に長時間いる機会が多くゆらぎのない環境下にいるためにサーカディアンリズムが乱れ、自律神経の機能が低下してしまいます。

人工的にゆらぎを作ることで疲れに対して効果がることが確認されています。例えば光の工夫で説明します。

朝は、朝日の優しいさくら色の光を足下から徐々に浴び、昼は昼光色、そして夜になるにつれ、夕焼け色のオレンジ色の光に変えながら徐々に照度を落とし、寝るときには消える。こんな照明制御を行えば自律神経に負担がかからず、結果として疲れづらくなるそうです。


SHARP(シャープ)のLEDシーリングライトさくら色・調色・調光モデル

実際にSHARP(シャープ)のLEDシーリングライトさくら色・調色・調光モデルという商品があります。

就寝前にシャープが開発した従来の寒色や暖色の照明と比較して「気持ちが癒される」「快適感が高い」「寝つきが早い」という結果が確認されているようです。もちろんこの実験は、梶本修身先生監修による実験結果です。

スポンサードリンク
[ad#1]
他にも疲労回復物質”FR”の分泌能力を高めるには、体内で活性酸素が適度に発生するような生活を心がけるといいそうです。『きちんと疲れる』ために運動をして、疲労があらかた取れるまで『きちんと休む』ようにすれば疲労回復物質FRの分泌が高まるそうです。

緑林の香りとは、緑(みどり)の香り、緑青の香りとも言われる疲労を軽減させる?

抗疲労効果が科学的に証明されている嗅ぐだけで疲れを軽減してくれる香りがあります。それは、「草木をちぎったときの香り」、「芝を刈ったときの香り」、「緑茶の缶を開けたときの香り」などをいいます。

成分でいうと「青葉アルコール」と「青葉アルデヒド」という2つを主成分とした8種類の化合物の複合の香りだそうです。

「青葉アルコール」は、不飽和アルコールのひとつで、ほとんどの緑の葉に含まれています。1933年、京都大学の武居三吉教授により緑茶の香り成分として発見され、葉をつぶしたり、芝生を刈るなど衝撃を加えるとさらに匂いが強く感じる成分です。

「青葉アルデヒド」は、「青葉アルコール」が酸化して発生したもので、「青葉アルコール」より遡ること約20年前、1912年にドイツにて発見され、緑の青臭い匂いがさらに強くはっきりした特徴があります。

緑林の香りは即効性があり、疲労回復、ストレスを解消させる生理活性効果、作業能力の低下を抑えるはたらきなどがあります。負荷がかかっている(仕事中)まさにそのときに嗅ぐといいそうです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
2015年8月11日に放送されたABC朝日放送『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』で紹介された内容や、追加で紹介させていただいた内容は梶本修身先生が監修されたものをベースにまとめさせていただいております。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています