音楽チャンプ2020411結果:歌うま日本一決定戦と出場者と優勝者は

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テレビ朝日系列のオーディション番組『音楽チャンプ 歌うま日本一決定戦 2時間SP』では、2019年秋から5ヶ月間に渡り番組スタッフが総力をあげて全国60都市を駆け巡り、3000人を大調査した中からド肝を抜いた歌唱力の持ち主を推薦する「スタッフ推薦枠」と「カラオケ100点獲得枠」を勝ち取った歌うまさんが出演。

激戦を勝ち抜くことで賞金100万円をかけてチャンプ決定戦にわずか4人の出場者が東京・六本木にあるテレビ朝日のスタジオで戦う出場者のプロフィール、得点・決勝曲など結果について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

2020年4月11日放送回「音楽チャンプ 歌うま日本一決定戦」の出場者は

放送前に分かっている出場者は・・・(出場当時)

  • 福岡・天神で出会ったのは、オーストラリア人の父をもつ小学5年生の美少女・パイク琉華シャロンさんは、5歳で初めて舞台に立ち、800人が出場したコンテストで優勝した経歴の持ち主
  • 愛知・名古屋で出会ったのは、普段はギターでの弾き語り動画も配信している吹奏楽部でフルートを担当していたという中学3年生・上田桃夏さん
  • 楽器メーカーの社長が歌声を絶賛した中学生
  • 文化祭で歌った動画が100万再生された女子高生
  • 別府の「歌うま双子姉妹」、秋田の「10歳民謡全国大会優勝者」
  • Twitterで「加藤詩乃」さんが

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています