関西テレビ制作・フジテレビ系列『セブンルール』では、伊勢のソウルフードとしてすっかり定着している三重県伊勢市にある「ぎょうざの美鈴」を36歳の時に二代目の父親・佐一さんから店を継いで三代目となった奥村美佐さんが出演です。

 

2009年にフリーランスで広告業を営む夫と結婚し、2015年に息子・悠佐さんを出産し、週6日・夕方5時から深夜まで営業をこなしながら決して仕事一辺倒にはならず、どこか余裕を感じさせるぎょうざの美鈴三代目・奥村美佐さんのプロフィールとセブンルールについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

55年地元で愛され続ける”伊勢のソウルフード”餃子の美鈴三代目店主奥村美佐7つのルール

55年地元で愛され続ける”伊勢のソウルフード”餃子の美鈴三代目店主奥村美佐セブンルール① 定位置はおでんの前

55年地元で愛され続ける”伊勢のソウルフード”餃子の美鈴三代目店主奥村美佐セブンルール② 仕事着は着物と割烹着

55年地元で愛され続ける”伊勢のソウルフード”餃子の美鈴三代目店主奥村美佐セブンルール③ 飲み会で仕事の話はしない

55年地元で愛され続ける”伊勢のソウルフード”餃子の美鈴三代目店主奥村美佐セブンルール④ 朝食とお弁当は手作り

55年地元で愛され続ける”伊勢のソウルフード”餃子の美鈴三代目店主奥村美佐セブンルール⑤ 子を預けても罪悪感を持たない

55年地元で愛され続ける”伊勢のソウルフード”餃子の美鈴三代目店主奥村美佐セブンルール⑥ 月に1度は1泊旅行へ

55年地元で愛され続ける”伊勢のソウルフード”餃子の美鈴三代目店主奥村美佐セブンルール⑦ 毎日 美鈴の餃子を食べる