橋本環奈はバカッコイイ技でOKAMOTO’S(オカモトズ)は曲で魅せる!【Mステ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OKAMOTO’Sの新曲「Dance With You」が2015年4月28日から放送中の日清食品株式会社のカップヌードル新CM『バカッコイイ篇』でTVCMソングとして流れて気になっている方もいるのではないでしょうか。2015年6月5日放送のMステに初登場です。

CMは橋本環奈さん扮する女子高校生がクラスメイトとともに、「登校時の靴収納」、「廊下のすれ違い」、「お昼休みの食事」、「下校時の鞄背負い」など、学校内で起こる様々なシチュエーションで、高校生を中心に話題のくだらないけれど成功するとかっこいいといわれる「バカッコイイ」技に挑戦!

それでは、当たり障りないように今回はバカッコイイOKAMOTO’Sを中心に紹介していきたいと思います。

OKAMOTO’Sとは?

OKAMOTO’S(オカモトズ)

出典:https://twitter.com/

小学校はそれぞれバラバラだったのにも関わらず、初めて会ったのは私立和光中学校からの同級生であった4名によって東京で結成され、全員が岡本太郎好きで、ラモーンズのように全員がオカモト姓を名乗っている。

ソニー・ミュージックアーティスツ所属、レーベルはアリオラジャパン。2009年6月14日、1stアルバム『Here are OKAMOTO’S』リリース記念に行われたライブをもって、ベースのオカモトマサルが脱退し、現メンバーのハマ・オカモトが加入。

2010年5月26日にメジャーデビュー。デビュー当時から10代だったメンバーもいるほど若く、才能に溢れるバンドとして注目を浴びていました。デビューしてすぐに国内海外問わずライブ活動を精力的に続ける。

その音楽性やパフォーマンスの評価も高く、ファーストシングル「欲望を叫べ!!!!」は人気アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』エンディングテーマ、「Future Eve」は映画『炎の中忍試験!ナルトVS木ノ葉丸!!』主題歌のタイアップ曲としても使用されました。

2011年、世界で活躍するアーティストらが出演するベトナムのハノイでの音楽フェス『CAMA Festival2011』で19時からのメインステージで出演し、その時の模様は現地メディアにも取り上げられました。

ちなみにラモーンズ (Ramones) は、アメリカの4人組パンクバンドで1976年(1975年)以降のロンドン・パンク・ムーブメントに大きな影響を与え、アメリカ合衆国よりイギリスで評価が高いバンドです。

デビュー作から3作目までのアルバムは、ロック史上に残る重要なアルバムと評価「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第26位。順位だけみるとん~?と思うかもしれませんが凄い伝説バンドなんです!

最終メンバーは、ジョーイ・ラモーン(ボーカル)、ジョニー・ラモーン(ギター)、C・J・ラモーン(ベース)、マーキー・ラモーン(ドラム)の4人ともちゃんとラーモンの姓を名乗っています。

実はメンバーのプロフィールに驚きます!続きは次へ

OKAMOTO’Sのメンバー紹介

ボーカル/オカモトショウ(本名:飯村翔)

OKAMOTO'Sのヴォーカル、オカモトショウ

出典:https://mini-theater.com/

生年月日:1990年10月19日
出身地:ニューヨーク出身
血液型:AB型
身長:172cm
幼少時は、PRECOCIのメンバーとして活動していた
ジャズサックス奏者・スコット・ハミルトンの長男

PRECOCI(プレコシ)は、26人の子役メンバーからなるパフォーマンスグループで2001年10月14日TOKYO FM HALLのライブをもって解散しています。

何よりも注目してしまうのが、ジャズサックス奏者・スコット・ハミルトンです。

スコット ハミルトン

1954年9月12日、ロード・アイランド州プロビデンス生まれ

幼い頃よりピアノとリトル・クラリネットを習い、17才からテナー・サックスに転向し、1976年8月にNYに進出した。フュージョン全盛期にあって、レスター・ヤングの流れをくむオーソドックスなスタイルが新鮮な響きとなり、一躍テナー・サックス界の寵児となった。ロイ・エルドリッジの助力で「コンドンズ」に出演。
ハンク・ジョーンズとの演奏を皮切りにアニタ・オデイをはじめ多くのヴォーカリストやミュージシャンと共演。1977年夏にはジョン・バンチの推薦でベニー・グッドマンのツアーに参加、コンコード・ジャズ祭にも出演した。

以来、カール・ジェファーソン率いるコンコード・レコードを中心に活躍し、コンコード・オールスターズや自己のクインテットで多くのアルバムを録音している。

スコットの真骨頂はバラード。ベン・ウエブスターばりの深い響きをたたえたトーンと歌心あふれるフレーズで、聴き手を一気に30年代へとタイム・スリップさせてしまう。
一方アップ・テンポの曲では、ズート・シムズの様に余裕のある軽快な演奏で、偉大なスウインガーぶりを発揮する。

2007年の富士通コンコード・ジャズ祭では、3大サックスプレーヤーの一人として、バド・シャンク、ハリー・アレンと共演し一段と円熟味を増した音色で聴衆を魅了した。
北村英治 オフィシャルホームページから引用

ギター/オカモトコウキ(本名:林幸希)

 オカモト コウキ

出典:https://twitter.com/okamotokouki

生年月日:1990年11月5日
出身地:練馬出身
血液型:O型
身長:163cm

いろいろと調べてみたのですが、特に濃い経歴などはありません。ハマ・オカモトさんは中学時代に友人である彼の勧めでベースを始めたそうです。(勧めたおかげでハマ・オカモトさんは偉業をなしとげています)

ベース/ハマ・オカモト(本名:濱田郁未)

 ハマオカモト

出典:https://alwaysnewstrend.com/

生年月日:1991年3月12日
血液型:A型
身長:164cm
眼鏡、口髭が特徴
タレントの浜田雅功・小川菜摘の長男。

2013年6月20日に楽器メーカーの米国フェンダー・ミュージカル・インストゥルメンツ・コーポレーションとエンドースメント契約を結び、この契約によって今後フェンダー社は彼を全面的にサポート。なお日本人ベーシストが同社とエンドースメント契約を締結するのは史上初の快挙です。

「エンドースメント契約」とは、プレイヤーはメーカーから楽器を無料で提供してもらう代わりにそのメーカー以外の楽器を使わないと言う契約。もし他メーカーの楽器を使う場合はロゴをテープなどで隠さないといけないのです。メーカーは無料で提供する代わりにカタログなどでそのプレイヤーモデルの楽器などを製造・販売します。

2013年1月3日、J-WAVE『RADIPEDIA』で父・浜田雅功さんとのラジオで初の親子共演

スポンサードリンク

[ad#1]
ドラム/オカモトレイジ(名:三宅零治)

 オカモトレイジ

出典:https://laughy.jp/

生年月日:1991年1月9日
出身地:二子玉川出身
血液型:自宅出産のため血液型不明
身長:163cm
無邪気で隠し事がない
「THE PRIVATES」の延原達治の長男
幼少時は子役として活躍していた

「あっぱれさんま大先生」にれいじ君として出演していました。口が悪くやんちゃだったので悪ガキのイメージが付いていましたが、言ってることは割と正論が多く、大人もはっとさせられる幼少時代でした。

父・延原達治さんはTHE PRIVATES(ザ・プライベーツ)のボーカルで今でも現役バリバリのロックバンドで活躍。2015年1月17日、LIQUIDROOMで30周年記念ライブを行いました。親子そろってミュージシャンです。

2015年の週刊FLASH 2月24日号でオカモトレイジさんが朝まで二階堂ふみさんと渋谷で朝まで飲み、寿司をおごってもらうという朝まで2ショットを撮られ熱愛?と話題になっていましたね。

これからのOKAMOTO’Sの活躍が楽しみですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています