岡浩一朗(早稲田大学教授)座りすぎ恐怖と健康寿命や死亡リスクを改善する「こそトレ」とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年8月5日、日本テレビ系列『世界一受けたい授業』では「今、日本が危ない!私たちに迫る「15の危険」」をテーマに直木賞作家の伊集院静さんやキャスリーン・フリンさん、健康行動科学と行動疫学を専門にしている岡浩一朗さんが出演です。

その中で座りすぎの恐怖が最新研究で日本人は座っている時間がサウジアラビアと同じ世界一長く座りすぎることで死亡リスクが40%も増加する事と早稲田大学スポーツ科学学術院の教授の岡浩一朗さんについて当たり障り無く紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています