テレビ朝日『激レアさんを連れてきた。』では、人生で靴下を履いた数は数回しかないが靴下を愛するがあまり、靴下を噛むことでその靴下の善し悪しが分かるようになった「靴下の神様」こと靴下専門店「ダンソックス(現タビオ)」の会長・越智直正さんが特集されます。

 

中学卒業後に大阪にあるキング靴下鈴鹿商店という靴下問屋での丁稚奉公中に究極の品質判定法「靴下噛み」を編み出してから独立して婦人用靴下で業界トップになるも3足1000円の爆安靴下で営業不振と危険な時期を乗り越え海外出店の成功したタビオ会長・越智直正さんの軌跡や名言など当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

 

 

WIKIPEDIAより詳しい?越智直正のプロフィールと経歴・学歴

 

出典:

名前
(読み方)
 越智 直正
(おち なおまさ)
生年月日  1939年6月2日
出身地  愛媛県周桑郡周布村
(現・愛媛県西条市)
血液型  
身長  
体重  
出身中学校  壬生川町立修誠中学校
(現・西条市立東予東中学校) 
出身大学  
職業  タビオ株式会社代表取締役会長
SNS・ブログ
ホームページ  
Facebook
 
Twitter
ツイッター
 
ブログ  
Instagram
インスタグラム
 

 

越智直正の主な著書

『靴下バカ一代 奇天烈経営者の人生訓』(日経BP)
『仕事に生かす「孫子」』(致知出版社)
『男一匹、負けたらあかん』(日本経営合理化協会出版局)