野球殿堂入りの村田兆治がアウトデラックスでボールを手にしてアウト軍団を鍛え直した?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016年1月14日、フジテレビ系列『アウトデラックス』では現役時代はロッテオリオンズで活躍し、ダイナミックな投球フォームからマサカリ投法と呼ばれ、2005年に野球殿堂入りをした村田兆治さんが出演されました。

村田兆治1

村田兆治さんがボールを手にして、アウト軍団を鍛え直す一幕もあったそうです。日本の野球界を代表する大物選手・村田兆治さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

Wikiより詳しい?村田兆治のプロフィール

村田兆治

出典:https://meikyu-kai.org/

名前:村田 兆治(むらた ちょうじ)
本名:村田 長次(読み同じ)
出身地:広島県豊田郡本郷町(現:三原市)
生年月日:1949年11月27日
血液型:O型
身長:181cm
体重:78 kg

【選手情報】

投球・打席:右投右打
ポジション:投手
プロ入り:1967年 ドラフト1位
初出場:1968年10月8日(対南海ホークス27回戦)
最終出場:1990年10月13日(引退試合)
通算成績:215勝177敗33セーブ、奪三振2363、防御率3.24

※プロ入り前から引退までをまとめています

プロ野球選手を志したのは小学5年の時、父に連れられて広島市民球場へナイターを観戦しに行って、初めて生で見るプロの試合に鳥肌が立つほど興奮し、プロ野球選手以外の将来は考えられなくなってしまった事がきっかけだそうです。

進学した福山電波工業高校(現:近畿大学附属広島高等学校福山校)時代から県内でも屈指のピッチャーとして有名でした。
※スピードガンがあればその球速は既に152、153km/hをマークしていただろうと言われている

1967年、ドラフト1位で東京オリオンズに入団しました。背番号はエースナンバーの「18」を希望していましたが、叶わず「29」とになりました。この「29」番が後に村田兆治さんの代名詞になる事は誰も知りませんでした。

1968年、1年目は振るわず、当時はドラフト1位の契約金を持て余し、パチンコや麻雀など遊びに明け暮れていました。徹夜の麻雀を終えて独身寮に朝帰りして来た時、日課のロードワークに出発しようとしていた小山正明さんと鉢合わせになったそうです。

既にベテランで「投げる精密機械」と称えらていた小山正明さんが、若手の自分よりも遥かに厳しい練習を自分に課していることに衝撃を受け、その時はそのまま逃げるように自分の部屋に帰ったそうです。

その後、練習中に小山正明さんに謝りに行ったところ、「お前ほどの才能がありながら、それを無駄にするのはさびしくないか」と諭され、球界を代表する大投手からの叱咤激励に感激して別人のように練習に打ち込むようになったそうです。
※小山正明さんは、2001年に野球殿堂入りしています

村田兆治さんは、小山正明さん以外にも成田文男さん、木樽正明さん、坂井勝二さん、金田留広さんらから投球術を学んんだそうです。打撃の練習に対して非常に厳しい姿勢を見せていた榎本喜八さんからもプロ野球選手として影響を受けたそうです。

球団名がロッテとなった2年目の1969年5月先発、完投、完封、安打、打点、得点と異例の初づくし勝利をあげました。

1971年、金田正一監督のアドバイスを元に投球フォームを大幅に改造し、「マサカリ投法」の原型を編み出しました。

1976年にはフォークボールを習得。人並み外れた長い指が生み出す切れ味鋭いフォークボールで、257回を投げて21勝を挙げると同時に、防御率1.82で最優秀防御率のタイトルを獲得しました。
※1976年から1979年まで4年連続で2桁暴投を記録(捕手に頼らず自分で投球を組み立てていたからだそうです)

1982年にヒジを故障して選手生命を絶望視されましたが、当時の日本球界でタブーとされていた渡米しスポーツ医学の権威であるフランク・ジョーブの執刀の下、左腕の腱を右肘に移植する手術(トミー・ジョン手術)を受け、2年間をリハビリ後、1984年シーズン終盤に復帰。
※復活によって有効な治療法として認識されるようになりました

1985年、開幕から11連勝を挙げるという鮮烈な復活劇を見せ、最終的に17勝5敗の成績でカムバック賞を受賞し、ロッテのリーグ2位に貢献しました。同年から、中6日で日曜日のみに登板する先発ローテーションを取るようになったため、「サンデー兆治」とも呼ばれました。

200勝に王手をかけていた1989年4月16日の対近鉄戦(川崎球場)では延長11回を投げ切りながら敗戦投手になりました。1989年5月13日、対日本ハム戦(山形県野球場)で通算200勝を達成し、39歳にして3回目の最優秀防御率のタイトルを獲得しました。

1990年、10勝をマークし、10度目の二桁勝利を挙げ、若林忠志さん以来史上2人目となる40歳代での二桁勝利を記録しました。

1990年10月13日、対西武(川崎球場 引退試合)で、降りしきる雨の中、ストレートで始まり、最後はウイニングショットのフォークボールで計5万2697球目を投げ終え、マウンドに別れを告げました。

村田兆治【現役最後の登板】1990年10月13日(川崎球場)

「引退してくれない男」という紹介文で登場した村田兆治さんが語った人生論とは?野球界 村田兆治vs将棋界 加藤一二三 レジェンドアウトバトル勃発?続きは次へ

矢部浩之さんに「引退してくれない男」という紹介文で村田兆治さんが登場し、アウト軍団に「長い収録で疲れてるねぇ、今モニター見たけど、人生に引退はないんだ!みんな疲れたんならスクワットさせようか?人生に引退はないんだよ!」と選手時代からすぐにムキになる性格のせいかキツイ発言が飛び交っていました。

トークが始まる前に村田兆治さんは「バラエティには出ないという私の哲学」を口説きにきた野球大好きおじさん児玉プロデューサーは凄い人だと褒めて?いました。

引退してくれない男①66歳でも球速140キロ!?

60歳を超えても140キロ近い豪速球を投げる事でも有名です。2013年8月30日から9月5日まで、「レジェンド・シリーズ2013」が行われていたのですが、8月30日の初日に始球式に登場しました。

その時の球速は135キロでした。50代の時は140キロを超えていたのですから、この球速は、もはや超人的ではないでしょうか。

プロ野球 2013年/村田兆治氏による始球式 【レジェンドシリーズ・パ2013】

ホークスのコーチ時代、当時の投手陣よりも球が速かった為「お前が投げろ」と野次が飛んだ事がある事を番組で紹介されていました。

村田兆治さんが、千葉県出身だからロッテファンと答えた山里亮太さんに急遽、村田兆治さんに「球を捕球できたら(ファンと)認める」とムチャぶりされ状況が把握できずに山里亮太さんはタジタジになっていました。

ミットが無くても狙ったところに投げるという事で、山里亮太さんはマツコ・デラックスさんの肖像画の前に立ち、その隣は加藤一二三さんが座っているという見ている方も何故かハラハラする状況です。

3球投げましたが加藤一二三さんに当たる事はなく、山里亮太さんにジャストミートしていました。山里亮太さんが「なんでフォーク使うんですか!」と1球だけフォークを投げた?でOUTになっていました。高齢になってもコントロールの精度には驚きです。
※やはり硬球を素手で捕るのは危ないので良い子は真似しないでね

引退してくれない男②現在でも現役並みのトレーニング

現在も140キロを投げる事を目指し、毎日腕立て伏せ500回、腹筋背筋各1000回のトレーニングを行っていると矢部浩之さんが紹介していましたが村田兆治さんは「今はやっていないが、柔軟体操とか腹筋はやりますよ」と訂正されていました。他には2本の指で鉄アレイとか一升瓶を持ったりしているそうです。

坂上忍さんが「ボールをはさんでグルグル巻きにしたまま寝たって本当ですか?」と質問をされると村田兆治さんが「ちょうど20勝の壁にぶつかっていた時期で、どうしても悔しくてボールをはさんで包帯でグルグル巻きにして痛くて1時間おきに目が覚めたり、腱鞘炎になってしまい1年ぐらいはボールをはさむのはダメだった」ことを明かしていました。

村田兆治さんが、ボールをはさんで山里亮太さんに奪えるか試したところ、山里亮太さんが全力で奪いにいってしまい村田兆治さんが「いて いて いて」と言わせてしまい、今度は山里亮太さんに球をはさませて「口だけしゃべれればいいんでしょ、指はこれべつに・・・」と、すかざす山里亮太さんが「(指を)折るきじゃないですか!」と突っ込みをいれていました。

【番組では放送されていませんでしたが、矢部浩之さんが持っていた「全然引退してくれない村田兆治」のフリップボードの中に『引退後のイベントで小学生と対決し、打たれてムッとした』というエピソードもあったようです】

つかちゃんこと塚田僚一さんが「村田さんはどのくらい(体が)柔らかいんですか?」と質問をして前屈を披露されていました。

塚田僚一さんが開脚も披露している最中に矢部浩之さんが「村田さんここまでは、やっぱしんどいですか?」と言ったことにより矢部浩之さんも巻き込まれることに。

村田兆治さんの現役スイッチがONになってしまい、矢部浩之さんはV字腹筋、背筋もする羽目に・・・。(笑)

村田兆治の野球から学んだ人生論とは?

※番組内で村田兆治さんが語られていた事を書き起こしてみました

『信じられるのは我のみ』

味方がエラーするでしょ、若い時勝てない時、腹が立つんだ。

俺が投げているのになぜ捕れないのか。あのフライがなぜ捕れないのか。比較しちゃうんですよ、よそのチームと。

『信じられるのは我のみ』と考えられるようになって、凄く気が楽になった。

開幕から11連勝を2回やってるんです。勝ちすぎると今度はね、負けるんじゃないかと・・・。ずっと勝つためにやるんだよ。怪我をしてから毎日、(残りが短い)自分に言い聞かせるかのように朝から晩まで勝つんだ勝つんだって自分で言ってる。

村田兆治さんの人生論に食いついていたのが将棋界のレジェンド加藤一二さんでした。そこから村田兆治vs加藤一二三 レジェンドアウトバトルに発展していきまいした。

野球界 村田兆治vs将棋界 加藤一二三 レジェンドアウトバトル勃発?

※村田兆治さんは青文字、加藤一二三は緑色で表記しています

負ける事は(怖い)と、おっしゃったけど私なんか20連敗を2回ぐらいやっていますよ。精一杯やって負けてるんだから何とも思いません。一生懸命やってるんだから別にって感じで

今度はその分、21連勝すればいいだけ

11連勝はありますけども、20連敗2回ぐらいやってて

ダメダメ。負けた分を取り戻さないと、人生は勝ち越していかないとダメ

勝ち越してます(生涯成績:1320勝1153敗)

私より矢部さんとこっちにふってあげて

矢部浩之さんが咄嗟に「村田さんが逃げた」

山里亮太さんも「ついに現役の時もあんなに逃げなかったピッチャーが逃げましたね」

違うよ。私にライバル意識を持ってくるからね

ライバル意識じゃなくて、大変尊敬して・・・

(加藤一二三さんの会話を遮って)20連敗もしたら辞めるよ俺は

すいません、田村さん(加藤一二三さんが名字を×田村 ○村田 間違えてOUT子供たちに教えになるでしょ。私も小学生とか中学生に教えるんですけども、今のおもしろい経験で指して終わった後に「強いですね」って言われるんですよね。私からすれば強いのは当たり前なんだけども、そういうご経験ありません?

私が相手にするのは社会人だ。

あ、そうですか

今度はプロの雀士に勝って・・・

(周りがざわつき、加藤一二三さん棋士であることを認識して村田兆治さんは、加藤一二三さんに頭を下げていました。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています