森山翔文,修猷館出身の天才の現在,経歴Wikiプロフやひも理論で将来ノーベル賞?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テレビ朝日『あいつ今何してる?』の「名門校の天才&奇才 今何してる?」では、江戸時代に創立された”福岡県立修猷館高等学校”は男女共学で九州の公立校の中でも東京大学合格者数1位を誇り、日本数学オリンピックの日本代表で同級生から雲の上の存在と崇められていた森山翔文(さねふみ)さんが特集。

両親は台湾出身で銀行員の母親と言語学の研究者の父親の間に生まれ、母親から数学の基礎をたたきこまれて数学の問題を会話形式で聞いていくので修猷館の斎藤先生の授業が楽しかったと話す、現在はひも理論で将来ノーベル賞をとるかもしれない存在だという森山翔文(さねふみ)さんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています