宮原優子飼育員とハルウララの裏側と現在,殺処分危機を救った方法とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本テレビ『衝撃のアノ人に会ってみた!』では、デビューから敗戦を繰り返しながら113連敗という異形の記録でひたむきに走り続ける姿から、ディープインパクトと同程度に国民の記憶に刻まれて人気を博した競走馬ハルウララと世話をする飼育員の宮原優子さんが特集されます。

2006年に競走馬としての登録抹消後、ハルウララは栃木や北海道などを点々とした末に千葉県御宿町にある預託牧場「マーサファーム」で余生を過ごすも殺処分危機に陥り、「春うららの会」を設立で乗り切った宮原優子さんとハルウララについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています