miwaがアナザースカイでロサンゼルスへ オリアンティとの再会とディズニーランドでテンションMAXになった理由は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016年1月15日、日本テレビ系列『アナザースカイ』では、思い出の場所であるロサンゼルスに向かい、ディズニーランドで予想外の出来事に遭遇して絶叫したり、大好きなロブスタースープを大食いしたりと、素の一面を見せたmiwaさんが出演されました。

miwa

出典:https://natalie.mu/

シンガーソングライターを目指し、1人でライブハウスを回った10代の頃、デビューからブレイクまでの道のり、大学卒業後の進路の悩み、ギター片手に即興で引き語りをした話などさまざまなエピソードを告白したmiwaさんについて当たり障りなく紹介してみたいと思います。

Wikiより詳しい?miwaのプロフィール

出典:

生年月日:1990年6月15日
出身地:神奈川県三浦郡葉山町(東京都育ち)
血液型:A型
身長:148.9cm
出身高校:大妻中学高等学校
最終学歴:慶應義塾大学商学部
趣味:散歩、ショッピング、ファッション、休日は友人とカフェ巡り
好きなアーティスト(洋楽):シェリル・クロウ、アヴリル・ラヴィーン、キャロル・キング、ディープ・パープル、テイラー・スウィフトなど
好きなアーティスト(邦楽):アンジェラ・アキ、aiko、YUKI、RADWIMPSなど
職業:シンガーソングライター
担当楽器:ボーカル、ギター、ピアノ
活動期間:2007年 – (メジャーデビューは2010年3月3日)
レーベル:Sony Records(2010年 – )
事務所:トライストーン・エンタテイメント
ブログ:miwaオフィシャルブログ「miwa Little girl」

父親が音楽好きだったため、幼い頃から父親の聴く音楽を自然と耳にし、15歳の頃から作曲とギター始めるようになりました。ギターは、シェリル・クロウを見て女性が弾き語る姿を格好良いと思ったのがきっかけだそうです。

ピアノをやっていたのでコードの名前や音の並びはわかっていたこともあり、独学でギターを始めるがなかなか上達しなかったため、その後は習いに行ったそうです。

高校1年生の時に「Wake Up, Break Out!」を制作。高校在学中、高校は芸能活動が禁止でしたが、下北沢ロフトを中心にライブ活動したり、夏休みには父親の実家がある沖縄県(主に北谷)でもライブ活動を行っていました。

自主制作で「Song for you/TODAY」「そばにいたいから」の2枚のシングルを枚数限定で発売しました。その後、メジャーデビューが決定し、高校3年生の冬から本格的な楽曲制作に取りかかり2010年3月に「don’t cry anymore」でSony Recordsからメジャーデビューを果たしました。

同年4月17日からニッポン放送で「miwaのオールナイトニッポンR」の放送が開始されました。同年11月にアコギ1本で弾き語りをする初のソロライブツアー『miwa acoustic live tour “acoguissimo”』を開催。

2011年4月6日に1stアルバム『guitarissimo』をリリースし、オリコン週間アルバムチャートで初登場1位を獲得。また、シングル・アルバムを通じて自身初のオリコンチャート1位を獲得しました。

デビュー当時から慶應義塾大学商学部に在学。学業と両立させながら音楽活動をしていました。2013年3月27日、大学を卒業した事を発表。

2013年から3年連続NHK紅白歌合戦に出場しています。

第64回NHK紅白歌合戦の初出場で歌った曲目は「ヒカリヘ」
第65回NHK紅白歌合戦で歌った曲目は「Faith」
第66回NHK紅白歌合戦で歌った曲目は「fighting-φ-girls」

(2015年12月時点)

ロサンゼルスで食いしん坊が発覚?

パイのサクサクをスープに混ぜながら食べるのが好きなんだそうです。miwaさんは、ライブ直前も元気に歌えないということで必ず食事を摂るほど食いしん坊だそうです。

【画像】

【画像】

2品目のアメリカンサイズのホタテのリゾットですが、ものともしない食べっぷりで完食していました。

【画像】

翌日は、デザートメニューが30種類以上ある人気のカフェ「Maison Richard」を訪れていました。miwaさん曰く「食べ物を前にした時に、いつも1番良い写真が撮れる」と言われている事を明かしていました。ここでは、ミックスベリータルトを食べていました。

今田耕司さんに「1番好きな食べ物は?」と聞かれてmiwaさんは「おにぎり」と答えていました。母親が毎朝握ってくれているおにぎりを毎日持ち歩いているそうです。

お弁当を食べてもすぐに小腹が空くようで、おにぎりは必需品だそうです。収録前にも食べたそうです。今田耕司さんに「裸の大将以来やで」とツッコまれていました。

一番大好きな場所はディズニーランド 念願のミニーマウスとの初めて一緒に写真撮影

次に行った場所は、miwaさんが一番大好きなディズニーランドです。

以前に東京ディズニーランドに行った時にミニーと一緒に写真を撮りたいと思って並んだそうです。40分ぐらい並んだそうですが、ミニーからミッキーに交代してしまったそうです泣きそうになったそうです。miwaさんは、大のミニーマウスのファンであることがわかるエピソードでした。

1955年7月17日、アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス近郊のアナハイム市の南西部に世界で最初に開演したカリフォルニア ディズニーランド・リゾートでは、60周年記念イベントが開催されていました。

misaさんは、カリフォルニア ディズニーランド・リゾートに着いて番組スタッフが「もし、大好きなミニーを見かけたら叫んだりしますか?」と質問されると

「大人はみんなこんな感じ(手を振るだけ)じゃないですか。ちっちゃい子とかが『ミニーちゃん!』みたいなのを見て、わかる!わかる!みたいな。大きい声は出さないですけど・・・」と答えている最中にまさかのサプライズがありました。

文章では説明しにくいので画像で紹介してみたいと思います。

【画像】
【画像】
【画像】
【画像】

十数年越しのミニーマウスとの初めての記念撮影が実現しました。テンションMAXで軽やかにスキップをするmiwaさんでした。

すると修学旅行生に発見され、ミニーマウスに会った時ぐらいのテンションで修学旅行生に握手を求められていました。一変して完成を受ける側に変わっていました。(笑)涙するファンもいました。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークでは、映画「カーズ」のルート66を疾走できる「ラジエーター・スプリングス・レーサー」の絶叫アトラクションにmiwaさんが初体験していました。それでは画像で楽しんでいるmiwaさんをご覧下さい。

【画像】
【画像】
【画像】
【画像】

絶叫アトラクション2つ目は、固定式・スライド式の2種類のゴンドラから選べる観覧車「ミッキーのファンウィール」に乗り、miwaさんは「明日はレコーディングなのに・・・」と良いながらも絶叫していました。それでは、またまた画像で楽しんでいるmiwaさんをご覧下さい。

他にもmiwaさんは、「ペイント・ザ・ナイト・パレード」を楽しんでいました。その時にmiwaさんが語っていたのが下記の通りです・

「ディズニーの世界観が凄く好きなので、エンターテイメントとしてやはりライブとか音楽っていうのは共通する部分があると思うので、今日見るショーが何かの形で自分のライブに活かせたり音楽に活きてきたら良いなって思います」

そして、本職に戻ったmiwaさんは、有名ミュージシャンも通うロサンゼルスイチに品揃えを誇る楽器店「ギターセンター」を訪れ、気になるギターを探し始めました。

オリアンティ・パナガリスが語るMIWAさんは友であり、尊敬するアーティストの一人というその理由とは?続きは次へ

オリアンティ・パナガリスが語るmiwaは友であり、尊敬するアーティストの一人?

最終日。2015年2月にもレコーディングを行い、世界の名立たるミュージシャンがレコーディングを行ってきた「SUNSET SOUND」を訪れました。

ロサンゼルスでレコーディングする理由は、オリアンティ・パナガリスにレコーディングしてもらえる事になって選んだそうです。オリアンティ・パナガリスはmiwaさんが世界で1番尊敬している女性ギタリストだそうです。

【簡易版】Wikiより詳しい?オリアンティ・パナガリスのプロフィール

オリアンティ (Orianthi)

出典:https://blog.goo.ne.jp/

名前:オリアンティ・パナガリス(Orianthi Panagaris)
別名:
オリアンティ (Orianthi)
生年月日:1985年1月22日
出身地:オーストラリアの旗 オーストラリア 南オーストラリア州 アデレード
ジャンル:ロック、ブルース・ロック
職業:シンガーソングライター、ミュージシャン、ギタリスト
担当楽器:ギター、ベース、ピアノ、ドラム、
レーベル:ゲフィン・レコード

ギリシャ人の血を引く一家に生まれ、父の影響を受け6歳からアコースティックギターを始めました。11歳でエレクトリックギターを手にし、作曲と演奏に専念するため15歳の時に学校をやめています。

2009年、マイケル・ジャクソンのコンサート「THIS IS IT」のリード・ギタリストに起用されました。6月25日にマイケル・ジャクソンが急死したことでコンサートそのものは幻になりましたが、リハーサルを記録した映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』では、ステージにおける主要なメンバーの1人として取り上げられて知名度を上げました。

スポンサードリンク
[ad#1]

オリアンティ・パナガリスから見たmiwaさんは?

「あなたのメロディーや歌い方が大好きよ。何よりもあなたの声のトーンが好き。それと今回の曲はとても興味深い曲だったわ。メロディーの作り方が一般的なアーティストと違っているのも良いわ。miwaの選ぶ音や歌い方はとても個性があって素敵」

「miwaは友であり、尊敬するアーティストの一人」

「決して物怖じせず、自分の世界観を明確に伝えてくるから」

と評価されているようです。また、

【画像】

「絶対に日本の皆の為に何かコラボ曲を作ろうよ」と語り合っていました。

miwaにとってロサンゼルスとは?

※番組で語られていた事を書き起こしてみました

日本にいると、いつものスタジオでいつものスタッフさんで凄く安心して音楽を作れるんですけど、ロサンゼルスに来て初めて、海外で歌をレコーディングしたんですけど、それは私にとってかなり大きな事で。

日本でもあまり外のスタジオではレコーディングしないんですけど、でもこのロサンゼルスに来て自分の歌を歌えるっていうのは、また新しい自信にも繋がりましたし、何か夢が広がる場所。

日本だけにいたら思わなかった夢を持つ事ができたのは、凄く私を変えてくれるなって思います。

1人で弾き語りをする所から始めた活動なんですけど、1人では今このロスにはこれていないと思いますし、今の活動はないと思っているので本当に今まで出逢って下さった方々、周りで支えてくれてる方もそうですし、私の音楽を聴いてくれる方もそうですし、ほんとに1つ1つの出逢いに支えられて今がある。

音楽が続けられるのはCDを買ってくれたり、ライブに来てくれるお客さんがいるから成り立っている。だから、そういう人達がいなかったら私の夢は、夢で終わってしまう。みんなと繋がっていると思います。

凄い人数でタオルを回して盛り上がったら”きっと凄いんだろうな”みたいな。見た事のない景色を見ていたい。ディズニーの曲を作り歌いたい。

ほんとに夢はどんどん続いていくものなので、今こう思い描いていえる夢も叶った先にまた新しい夢があって、また新しい自分がそこに待ってると思うので、すごく大切なんだなって感じています、今は。

ロスは自分を変え、新たな夢を見させてくれる場所
大切な事に気付くキッカケとなった場所
(私に)音楽に夢を見させてくれる場所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています