炎の体育会TV松本人志ベンチプレス動画小林龍尚と異種耐久バトルがスゴい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TBS系列『炎の体育会TV』では”筋肉芸人第4世代”を自称するダウンタウンの松本人志さんが体育会TV軍のメンバーとして完全サプライズで緊急参戦、小林4兄弟の三男・龍尚さんと「ベンチプレスvs垂直ジャンプ」で真剣勝負が繰り広げられました。

松本人志さん自身の体重である65kgに30kgを足した95kgのバーベルを挙げる毎に三男・龍尚さんは高さ90cmの回転バーを4回垂直ジャンプする異種耐久バトルの6分15秒の結果や衝撃の告白について当たり障りなく紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

松本人志の「ベンチプレスvs垂直ジャンプ」で真剣勝負の動画と松ザップとは

 

日本人男子初のスキージャンプW杯総合優勝に輝いた小林4兄弟の次男・小林陵侑さんと長男・潤志郎さん、三男・龍尚さんで結成した最強スキージャンプ軍

「ベンチプレスvs垂直ジャンプ」という番組内のオリジナル競技が始まると松本人志さんは一切の笑いを封印し、控えめに言っていた目標回数の5回を軽々と超えました。

松本人志さんがベンチプレスを20回を超えてきたところで小林龍尚さんの足がプルプル震え始めて松本人志さんが上げないように祈る仕草も見せていました。

松本人志さんがベンチプレス26回という記録を残すも、小林龍尚さん驚異の104回ジャンプの前に力尽きてしまう結果に終わりましたが、SNS上で

  • 松本人志の筋肉が凄すぎる
  • 95kgのベンチプレスを26回って!!!とんでもねぇっす!!!バケモンです!!
  • 松ちゃんの本気のベンチプレスに感動したー カッコ良すぎる
  • 松ちゃん胸筋が凄い…
  • お笑い脳だけでなく肉体も鍛えてる松本人志に三島由紀夫を見た

などと反響があります。

「ベンチプレスvs垂直ジャンプ」の対決の後、松本人志さんは「実はノーギャラやからな」と語っていましたが、他番組に出演する時は同じような発言をしているので真偽のほどは分かりませんが・・・。

2017年7月20日放送の日本テレビ系列『ダウンタウンDX』で松本人志さん自身のベンチプレス記録を誇らしげに語る場面がありました。

芸能事務所LDHに所属する俳優・鈴木伸之さんが、事務所の中にはジムがあり、様々な筋トレマシーンが設置されて各種目で1位になると名前が張り出されることからベンチプレスで1位を取るために、3ヶ月かけてベンチプレス110kg保持者になったエピソードを語っていました。

俳優・鈴木伸之さんのエピソードに対して「まあ、110キロ大したことないけどね」と返答した松本人志さんは「130kgぐらい いけるんじゃないすか」と誇らしげに語っていた。

松本人志さんは自身がドMであることを自称し、筋トレに関しては自分を限界まで追い込んでいくスタイルでストイックにトレーニング挑んでいる最中は一切ボケることなく筋トレに励み、日頃の筋トレでも体重の倍以上のバーベルを挙げているそうです、

今回の95kgを26回も持ち上げられたのも頷ける気がします。

松本人志さんにとってもベンチプレス95kgを26回は伝説的な動画になったのではないでしょうか。

トレーナーはつけずに完全な独学で「松ザップ」と名付けており、限界超えさせる時には橋本という別人格を登場させてバトンタッチして頑張っているそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています